「公共財」という考え方に潜む、非常に危険な「論理の穴」 経済成長をやめた、「シェア」推奨社会で犠牲になる人

代官山 蔦屋書店で行われた新刊の刊行記念イベントに、『
  • デジタル×生命知がもたらす未来経営』を上梓した松田雄馬氏が登壇。本セッションでは、脳の仕組みや生命を知るメリットや「脱成長」を望む声に対する反論などが語られました。
  • Yahoo!で調べてみよう

      Loading...