米通貨監督庁(OCC)によると、米銀数行は、暗号通貨のカストディなどのサービスを顧客に供給する意向があるという。OCCは金融機関に宛てて「金融セクターにおいて、暗合通貨などのフィンテックをどのように利用すべきか」との提案規則作成先行公示(ANRP)を送り、返答を得た。

伝統的な金融機関がまだ初期段階にある暗号資産を合法的な資産クラスとして認め始めた証拠と楽観的に受け止められている。

<KY>

情報提供元:FISCO
記事名:「米銀数行、暗号資産サービス供給に前向き【フィスコ・ビットコインニュース】