JR東<9020>は大幅反落。モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を「イコールウェイト」から「アンダーウェイト」に格下げ、目標株価も7300円から4600円に引き下げている。東京の不動産市況が悪化に転じ、同社の不動産事業に対する関心も低下が予想されるなかで、品川再開発への評価を低下させているもよう。なお、鉄道セクター全般に割高感が高いとして、業界判断は「Cautious」を継続している。 <HH>

情報提供元:FISCO
記事名:「JR東---大幅反落、不動産市況悪化も考慮して米系証券では投資判断を格下げ