スズキ<7269>は急伸。前日に第1四半期決算を発表、営業損益は13億円の黒字となり、赤字が想定されていた市場予想を上振れた。新型コロナ関連損失のうち154億円を特別損失に振り替えているが、それを差し引いても想定は上振れる形に。一方、通期見通しは引き続き非開示としている。感染拡大が続いているインド事業は不安定とみられ、先行き不透明感は拭い切れないとの見方もあるようだ。 <US>

情報提供元:FISCO
記事名:「スズキ---急伸、第1四半期営業黒字確保をポジティブ視へ