NY外為市場ではドルが一段安となった。ドル・円は104円87銭から104円46銭まで下落し1カ月ぶり安値を更新。ユーロ・ドルは1.1844ドルから1.1881ドルまで急伸しほぼ1カ月ぶり高値、ポンド・ドルは1.3056ドルから1.3164ドルまで上昇し1カ月半ぶり高値を更新した。ユーロ・円は124円33銭から123円94銭まで下落したのち、下げ止まり124円台を回復。

米追加経済対策を巡るムニューシン米財務長官とペロシ下院議長の協議を睨む展開。クドロー国家経済会議(NEC)委員長が楽観的な見通しを示したため期待感から株式相場は急伸。質への逃避のドル買いが後退した可能性がある。

ダウ平均株価は46ドル高で推移。米10年債利回りは0.82%と6月以来の高水準となった。

<KY>

情報提供元:FISCO
記事名:「NY外為:ドル一段安、ダウ45ドル高、クドローNEC委員長は米追加経済対策協議に楽観的