NY外為市場ではNYのオプション権利行使時間に向けてユーロ売りが加速した。
朝方は、ドイツの9月ZEW景気期待指数が20年ぶり高水準に達し、ユーロ圏の景気回復期待にユーロ買いが優勢で、ロンドン市場では対ドルで一時1.1900ドルまで上昇。その後、NY時間に入り、売り戻しが優勢となり、1.1842ドルまで下落し上昇幅を消した。ユーロ・円は125円40銭から124円76銭まで下落し9日来の安値を更新。ユーロ・ポンドは0.9220ポンドから0.9191ポンドまで下落し10日来の安値を更新した。


<KY>

情報提供元:FISCO
記事名:「NY外為:NYのOP権利行使時間に向けユーロ・ドル売り加速