2019年度のメディカルフーズ市場は、前年度比3.1%増の1,444億円となった。同市場は、要介護高齢者や生活習慣病患者の増加、病院・介護施設における調理現場の人手不足、栄養管理ニーズの高まり等の要因から、ここ10年で約1.3倍に拡大している。当資料では、メディカルフーズ市場を分野別(介護食・治療食・流動食)、訴求ポイント別、チャネル別、食品カテゴリー別に分析。さらに、参入各社の商品分析、販売促進策及び今後の方向性についてもレポートしている。

概要
◆2019年度のメディカルフーズ市場は、前年度比3.1%増の1,444億円規模となった。同市場は、ここ10年で約1.3倍に拡大している。主な成長要因としては、(1)要介護高齢者や生活習慣病患者の増加、(2)病院・介護施設における調理現場の人手不足、(3)低栄養の予防・改善など栄養管理ニーズの高まりといった点が挙げられる。

◆分野別にみると、介護食は、病院・介護施設向けに簡便調理を訴求した冷凍介護食が伸長。在宅向けでは、ペースト状に加工したレトルト介護食やとろみ剤(とろみ調整食品)の需要が拡大している。各社は、“簡便性”、“栄養補給”、“食べやすさ”に配慮した商品の拡充や、在宅向けの販路開拓を進めており、さらなる市場成長が期待できる状況にある。

◆流動食は、栄養管理の重要性の高まりを背景に堅調に推移している。特に経口タイプは、食事で十分な栄養が摂れない人の栄養補給を目的として、病院・施設だけでなく在宅向けにも利用が広がっており、同市場をけん引している。このため、各社は少量で栄養補給が可能な小容量・高栄養タイプの商品を拡充し、需要の取り込みを図っている。

◆治療食では冷凍弁当や惣菜セットの需要が高まっている。一方で、常温タイプのレトルト惣菜や調味料類は、冷凍商材との競争激化によりやや伸び悩む状況にある。こうしたなか、各社は、メニューバリエーションの強化、在宅患者向けのセミナー・勉強会等の啓蒙活動、通販サイトの充実などに取り組み、新規顧客の獲得に努めている。

◆当資料は、拡大が続くメディカルフーズの市場について、分野別(介護食・治療食・流動食)、訴求ポイント別、チャネル別、食品カテゴリー別の市場データや企業別シェアなどを掲載。さらに、参入各社の商品分析、販売促進策および今後の方向性についてレポートしており、今後のメディカルフーズ市場における商品政策やマーケティング活動に資するレポートとなっている。

【調査対象分野】
◆介護食(咀嚼困難用食品、嚥下困難者用食品)
◆治療食(たんぱく調整食品、カロリー調整食品、塩分調整食品、その他)
◆流動食(半消化態栄養剤、消化態栄養剤、病態別栄養剤、半固形化栄養剤、栄養調整食品、天然濃厚流動食、その他)



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000219877&id=bodyimage1

TPC市場調査レポート
「2020年 メディカルフーズの市場分析調査」
―冷凍介護食・経口流動食が市場をけん引―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr220200523
資料体裁:A4判252頁
発刊日:2020年7月29日
頒価:97,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-30-6531



配信元企業:TPCマーケティングリサーチ株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「TPCマーケティングリサーチ株式会社、2020年 メディカルフーズ市場について調査結果を発表