米カリフォルニア州レッドウッドシティ & 東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- C3 AI(NYSE: AI)と横河電機株式会社(TOKYO: 6841)(「横河電機」)は本日、横河電機が企業AIアプリケーションを強化し、産業界の顧客向けの同社のデジタル変革ソリューション&サービスを補完するためのプラットフォームとして、C3 AI®スイートを選定したと発表しました。


横河電機が締結した複数年契約により、同社とその完全子会社であるKBCが、その高度なAI機能と共にC3 AIスイートを自社のソフトウエアポートフォリオに導入できるようになります。横河電機とKBCは、有力な技術と最優良事例を導入し、エンジニアリングのシミュレーションとアナリティクスで支えながら、技術・商業分野の卓越性によって戦略を結果に変えるとともに、運用技術とデジタルサービスによって戦略をシステム化します。

横河電機は同社が提供するAI対応製品においてC3 AIが極めて重要な役割を果たすことを期待しており、これらの製品により、発電、再生可能エネルギー、採鉱・金属、化学、石油・ガスなどの業界分野において、顧客にとっての生産性を最適化し、産業の自律性レベルを高め、新たなビジネスチャンスを創出したいと考えています。

横河電機の取締役兼デジタルソリューション本部長を務める戴 煜(ダイ・ユー)は、次のように述べています。「C3 AIスイートは、最先端のAIを当社のソフトウエアポートフォリオに企業規模でシームレスに統合するための新たな機会をもたらします。C3 AIとの最初の提携により、お客さまにとってより正確なシミュレーションンが実現することでデジタル変革が促進され、各社の業務効率と利益率の改善につながります。」

C3 AIの会長兼最高経営責任者(CEO)であるトム・シーベルは、次のように述べています。「横河電機が種々の業界向けに提供する市場有数の製品を強化するC3 AIスイートにより、お客さまは迅速性・精度・拡張性を向上させたツールを期待することができ、これにより業務の簡素化と最終収益の増加を実現できます。横河電機が計測・制御・シミュレーションで持つ独自の強みと、C3 AIの有力な企業AIソフトウエアを組み合わせることで、種々の業界で業務の改善をもたらすでしょう。」

また、今回の契約により、C3 AIは横河電機との提携を通じて、日本での直接的なプレゼンスを確立することができます。

C3.aiについて

C3.ai(NYSE:AI)は、企業向けAIソフトウエアの大手プロバイダーとして、デジタル変革を加速しています。C3 AIは、完全統合された製品ファミリーを提供し、大規模なAIアプリケーションを開発、展開、運用するためのエンドツーエンド・プラットフォームのC3 AI® Suite、業界別SaaS型AIアプリケーションのポートフォリオのC3 AI Applications、AIと機械学習のために設計された業界別CRMアプリケーション・スイートのC3 AI CRM、日々のビジネス課題にデータサイエンスを適用するノーコードAIソリューションのC3 AI Ex Machinaが含まれます。C3 AI製品の中核には、オープンでモデル主導型のAIアーキテクチャーがあり、データサイエンスとアプリケーション開発を飛躍的に簡素化しています。詳細については、https://c3.ai/をご覧ください。

横河電機について

1915年に設立された横河電機は、計測・制御・情報の分野で広範な取り組みを行っています。産業自動化事業では、石油、化学、天然ガス、電力、鉄鋼、パルプ・紙など、多様なプロセス産業向けに不可欠の製品、サービス、ソリューションを提供しています。ライフイノベーション事業では、製薬業界や食品業界のバリューチェーン全体で生産性を根本的に改善することを目指しています。試験・計測、航空計器、その他の事業では一貫して、業界有数の精度と信頼性を備えた不可欠の計測機器や装置を提供しています。横河電機は、62カ国に及ぶ114社の世界的ネットワークを通じて、お客さまと共同のイノベーションに取り組んでおり、2019会計年度には37億米ドルの売上高を計上しています。詳細情報についてはwww.yokogawa.com/をご覧ください。

記載されている企業名、団体名、製品名、サービス名、ロゴは、C3 AI、横河電機株式会社、各社の所有者の登録商標ないし商標です。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

C3 AI
Public Relations
Edelman
Lisa Kennedy
415-914-8336
pr@c3.ai

Investor Relations
IR@C3.ai

Yokogawa Electric Corporation
Public Relations, Integrated Communications Center
Yokogawa-pr@cs.jp.yokogawa.com

情報提供元 :
記事名:「 横河電機が企業AIアプリケーションを強化すべくC3 AIスイートを選定