東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- タイヨウ・パシフィック・パートナーズは本日、全国保証株式会社 (7164) の 発行済株式総数の5%超を取得したことを発表した。タイヨウ・パシフィック・パートナーズは、経営陣と 協働し、企業価値の向上を目指す協力的な投資スタイルを持つことで知られる。

タイヨウ・パシフィック・パートナーズの最高経営責任者 (CEO) 兼マネージング・パートナーである ブライアン・K・ヘイウッドは、「我々は全国保証のようなニッチトップの企業を選好しています。当社は 日本における独立系住宅ローン保証会社の中でも最大規模を誇り、石川社長は継続してマーケット シェアを拡大させてきました。 石川社長の進める企業価値向上に向けた取り組みは、顧客及び株主の満足度を高めると信じています。」とコメントした。

タイヨウ・パシフィック・パートナーズの最高投資責任者 (CIO) 兼マネージング・パートナーである マイケル・A・キングは、「我々は長年にわたり全国保証を分析して参りましたが、クレジットコストを低く 抑えつつ、日系企業の中でも最も高い利益率水準を維持出来ている当社の事業に対し、感銘を受けています。このように特徴のある、割安で、安定的な成長を実現しうる会社であっても、上場している競合企業がいないことから、投資家から見過ごされがちです。今後、石川社長及び経営陣の皆様がさらに 業績を伸ばし、エクイティストーリーを強固なものにされていくと信じています。その結果、日本の金融 システムにおける当社の重要性が再認識され、多くの投資家を惹きつけ、投資家のポートフォリオ企業の中核を担うこととなるでしょう。」と述べた。

全国保証株式会社の代表取締役社長 石川英治は、「当社は住宅ローン保証を通じて、『お客様の 夢と幸せの実現』をお手伝いするとともに、信用保証事業を通じて地域社会の発展に貢献して参り ました。おかげさまで、今年2月に創業40周年を迎えます。タイヨウ・パシフィック・パートナーズ様には、この度、当社の事業内容や経営理念はもちろん、企業価値向上に向けた姿勢をご理解、ご評価 頂き、長期的な視点で当社株式の取得を進めて頂きましたことを感謝申し上げます。今後も信用保証会社としての責任を自覚し、更なる事業の発展に努め、企業価値の更なる向上に精一杯取り組んで 参ります。」とコメントした。

現在ワシントン州カークランド市に拠点を置くタイヨウ・パシフィック・パートナーズは、日本やアジアに おける友好的アクティビスト投資を専門に行うため に、2003年にアジア専門のプロフェッショナルにより 設立された。タイヨウ・パシフィック・パートナーズの日本に特化したファンドの運用資産残高は35 億ドル超。全てのファンドで友好的エンゲージメント投資を行う。


Contacts

コンタクト
Taiyo Pacific Partners
ブライアン・K・ヘイウッド、425-896-5300
taiyo_media@tppllc.com

情報提供元:
記事名:「タイヨウ・パシフィック・パートナーズ、全国保証(7164)株式を5%超 取得