総合人材サービス、パーソルグループのパーソルイノベーション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:長井 利仁)が運営する個人向けの新規事業創出プログラム「イノベーション体質強化プログラム『Drit(ドリット)』」は、2021年7月4日から実施する第3期プログラムのサポーターを決定しましたのでお知らせいたします。
 なお、「Drit」第3期の起案エントリーは2021年6月18日(金)までとなっております。奮ってご応募ください。


第3期プログラムを支援いただく有識者サポーターを決定


 “そのアイデアで、はたらくをアップデート”をコンセプトとする個人向けの新規事業創出プログラム「イノベーション体質強化プログラム『Drit(ドリット)』」第3期のサポーターは以下の通りです。
 サポーターは、講義、審査、事業アイデアのブラッシュアップのための「壁打ち」相手として個別に相談することもできます。(各サポーターの役割は下表【】内をご確認ください)


画像 : https://newscast.jp/attachments/HkVMqxxPkghPxabyt4Vy.jpg


本郷 崇 氏【講義/相談】 フリンジ・ベンチャーズ・グループ 代表パートナー


画像 : https://newscast.jp/attachments/pPzYw1JhHZiPoeoSfEKE.jpg


宮坂 友大 氏 【審査】 Capital T合同会社 代表社員


画像 : https://newscast.jp/attachments/WpGlfhGdtHagLyQj2xEQ.jpg


石山 洸 氏 【相談】 株式会社 エクサウィザーズ 代表取締役社長


パーソルグループ サポーター


画像 : https://newscast.jp/attachments/zLWcHTPa3bE51Wnj0SeX.jpg


加藤 丈幸 【相談/審査】 PERSOL INNOVATION FUND合同会社 代表パートナー


画像 : https://newscast.jp/attachments/FR5bkpkDKdLk8mFi0d1C.jpg


伊藤 竜之介 【講義/相談】 パーソルイノベーション株式会社 シフト管理サービス「Sync Up」プロダクトマネージャー


【参考】


「Drit」について


https://www.drit-i.jp/
 「Drit」は、パーソルグループ内で長年にわたり実施してきた社員向けの新規事業起案プログラム*を、2019年10月より社外にも対象を開放し、進化させた個人向けの「イノベーション体質強化プログラム」。参加資格は、“個人”であることのみで年齢、性別不問です。“はたらく”に関する社会課題解決のための新規事業を創出すると共に、5年間で1,000人の“イノベーション体質人材”の輩出を目指します。
*パーソルグループ新規事業起案プログラムで事業化されたサービス(一部)
―「ミイダス< https://miidas.jp/ >」:採用したい人材に企業から直接アプローチできる中途採用サービス
―「AUBA< https://auba.eiicon.net/ >」:日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム
―「TECH PLAY< https://techplay.jp/ >」:テクノロジー人材のエンパワーメントと企業のDX組織構築支援
―「My Refer< https://i-myrefer.jp/ >」:リファラルリクルーティングサービス 等


第3期「Drit」概要


第3期の「Drit」は、<次の時代をリードする、“はたらく”のインフラを創る“WE MAKE AN INFRASTRUCTURE OF WORKING”―「はたらいて、笑おう」を実現するために、デジタル時代の人材ビジネスを生み出す>をメインコンセプトに、以下の概要にて開催します。
●プログラム実施期間:2021年7月4日~2021年12月19日
●エントリー期間:2021年1月20日~2021年6月18日
●メインコンセプト:
次の時代をリードする、“はたらく”のインフラを創る“WE MAKE AN INFRASTRUCTURE OF WORKING”―「はたらいて、笑おう」を実現するために、デジタル時代の人材ビジネスを生み出す
●事業アイデアの募集テーマ:
1.Modernize 人材サービスを再構築して、日本の“はたらく”を変える
2.Growth テクノロジーを通じた成長支援・雇用の創出
3.Alternative 人材に代わるソリューションの提供
4.Productivity 少子高齢化時代に向けた、生産性向上サポート
●参加資格
個人の方であれば、どなたでも参加できます。(年齢、性別不問) 
※参加費無料 ※起業している方や、その予定がある方のみ対象外とさせていただきます。
●賞・インセンティブ
―第2次審査通過 :サービス検証費用(最大50万円)
―最終審査通過(事業採択) :(1)事業採択チームに対して、賞金として100万円
(2)事業採択チームに対して、立上げ予算等資金提供
※パーソルイノベーション株式会社の事業として立ち上げることが条件
●審査員
本郷 崇 氏(フリンジ・ベンチャーズ・グループ 代表パートナー)
高橋 広敏(パーソルホールディングス株式会社 代表取締役副社長/パーソルイノベーション株式会社 取締役)
長井 利仁(パーソルイノベーション株式会社 代表取締役社長)
岩田 亮(パーソルイノベーション株式会社 取締役執行役員)
大友 潤(パーソルイノベーション株式会社 取締役執行役員)
加藤 丈幸(PERSOL INNOVATION FUND合同会社 代表パートナー)
●エントリーサイト:https://www.drit-i.jp/03entry


「Drit」関連プレスリリース


〇「はたらいて、笑おう。」のパーソル イノベーション体質強化プログラム「Drit(ドリット)」を開発
https://persol-innovation.co.jp/news/2019/0930/
〇イノベーション体質強化プログラム「Drit(ドリット)」、第1期の最終審査を3件の事業アイデアが通過
https://persol-innovation.co.jp/news/2020/0619/
〇イノベーション体質強化プログラム「Drit(ドリット)」、第2期の最終審査を2件の事業アイデアが通過
https://persol-innovation.co.jp/news/2021/0331/


パーソルイノベーション株式会社について


https://persol-innovation.co.jp/
 パーソルイノベーション株式会社は、パーソルグループの次世代の柱となる事業創造を目的として、2019年4月に事業を開始しました。テックコミュニティサイト「TECH PLAY(テック プレイ)」、日本最大級のオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA(アウバ)」、シフト管理サービス「Sync Up(シンク アップ)」をはじめとした新サービスを運営するとともに、新たな事業開発やオープンイノベーション、デジタルトランスフォーメーションを推進、パーソルグループのイノベーションを加速していきます。


「PERSOL(パーソル)」について


https://www.persol-group.co.jp/
 パーソルグループは、「はたらいて、笑おう。」をグループビジョンに、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービス「doda」、ITアウトソーシングや設計開発など、人と組織にかかわる多様なサービスを展開しています。
また、人材サービスとテクノロジーの融合による、次世代のイノベーション開発にも取り組んでおり、市場価値を見いだす転職サービス「ミイダス」、ITイベント情報サイトおよびイベント&コミュニティスペース「TECH PLAY」、クラウド型モバイルPOSレジ「POS+(ポスタス)」などのサービスも展開しています。






【NewsRelease】パーソルの新規事業創出プログラム「Drit」、第3期プログラムを支援いただく有識者サポーターを決定.pdf


: https://newscast.jp/attachments/P8A8kBSaU05A79bWGbIz.pdf


情報提供元 : @Press
記事名:「 パーソルの新規事業創出プログラム「Drit」、 第3期プログラムを支援いただく有識者サポーターを決定