物流ロボットとバース管理システムの連携イメージ


CarriRoイノベーションセンター


ZMPの主なロボット・サービス

株式会社シーイーシー(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大石 仁史、以下 シーイーシー)と株式会社ZMP(東京都文京区、代表取締役社長:谷口 恒)は、「LogiPull(R)(ロジプル)」のバース管理システムと物流支援ロボットのCarriRo(R)シリーズを連携した新サービスの開発で協業しました。今後両社は物流現場の人手不足解消のため、ICTを活用した省人化や自動化に向けた共同開発に取り組み、随時サービスを提供していきます。

ZMPは物流ロボットとして、台車型物流支援ロボットCarriRo、無人フォークリフトCarriRo Fork、無人けん引車CarriRo Tractorを展開し、倉庫・工場内におけるあらゆる搬送シーンを無人化するソリューションをワンストップで提供しています。シーイーシーはトラック待機時間や入出荷作業負荷の増大、荷待ちによる待機車両の解決のため、工場・物流センターのバース(積み下ろしを行うスペース)管理の効率化を支援しています。バース管理システムは、トラック積み下ろしの課題解決やホワイト物流実現のために近年非常に需要が高まっています。


■協業の目的
従来、物流搬送システムとバース管理システムは別々に運用されていました。そのため、トラック到着後のバース到着位置や入出庫荷物の確認、物流ロボットへの指示を人手で対応する必要がありました。そこで、ZMPとシーイーシーは、トラックの入出庫情報と搬送ロボットをシームレスに連携させ、人手を介さず入荷・入庫から出荷に至る物流現場の効率化を実現します。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/242457/LL_img_242457_1.png
物流ロボットとバース管理システムの連携イメージ

■協業を通じた主なサービス連携
具体的には、以下のサービス連携に向けた開発を進めてまいります。CarriRoイノベーションセンターでの実証やお客様向けの連携サービスの見学会も随時予定しております。

入荷時:トラックのバース到着を検知し、無人フォークリフトに対して
バース位置及び荷下ろし情報を送信
入庫時:無人フォークリフトが自動でトラックから商品を荷下ろしし、
台車型搬送ロボットに積み替え。台車型搬送ロボットが
倉庫・工場内の格納エリアに荷物を自動で搬送
出庫時:出荷予定時刻に合わせて出荷対象の荷物を
台車型搬送ロボットがバースまで搬送
出荷時:無人フォークリフトが自動でトラックに荷物を積み込み

本連携は、共通のクラウドプラットフォームであるROBO-HI(R)(ロボハイ)ロジマネによって、統合制御され、全体の運用の可視化、そして相互の協調動作もスムーズかつコストを抑えて導入が可能となっております。台車型搬送ロボットとの連携から着手し、2021年4月頃の提供を予定しています。


【CarriRoイノベーションセンターについて】
同センターは、2020年6月より物流無人化ソリューションを一同に集めたショールームとして、東京都枝川に開設されました。台車型物流支援ロボット「CarriRo」シリーズ、無人フォークリフト「CarriRo Fork」をはじめ全機種の実機デモを常時実施しています。

アクセス : 東京都江東区枝川3丁目11-10 月島倉庫(4F)
JR京葉線・武蔵野線「潮見駅」より徒歩約6分
紹介Web URL: https://www.zmp.co.jp/carriro/innovation-center

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/242457/LL_img_242457_2.jpg
CarriRoイノベーションセンター

【物流支援ロボットCarriRoについて】
物流支援ロボットCarriRoは、ZMPが開発に取り組む自動タクシー(R)のサービス実証に代表されるZMPの自動運転技術を応用して開発された製品です。少子高齢化の流れにより急速な人手不足となっている物流業界において搬送作業の負荷を軽減し、省人化・効率化を目的として販売を実施しております。現在販売開始から累計約200ユーザーの導入実績があり、自律移動による新たな付加価値により物流拠点や工場を始め、ホテルなどのサービス業界と様々な分野に導入が広がっております。
製品Web URL : https://www.zmp.co.jp/carriro/
製品紹介動画: https://www.youtube.com/watch?v=JlclILM6cmw


【物流効率化ICTソリューションLogiPullについて】
物流効率化ICTソリューションLogiPullは、工場/物流センターのバース管理ソリューションです。トラック待機時間対策や入出庫業務の効率化、入出庫集中時間帯の分散、トラック待機の緩和など、トラック積み下ろしの課題解決やホワイト物流の実現をICTで支援します。
製品Web URL: https://www.cec-ltd.co.jp/solutions/logipull/


【株式会社ZMPについて】
URL : https://www.zmp.co.jp/
本社 : 東京都文京区
代表取締役社長: 谷口 恒
画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/242457/LL_img_242457_3.jpg
ZMPの主なロボット・サービス

「Robot of Everything ヒトとモノの移動を自由にし、楽しく便利なライフスタイルを創造する」というミッションのもと、(1)RoboCar(R)&センサーイノベーションは人の移動を担うRoboCar(R)シリーズとRoboVision(R)他各種センサー、(2)CarriRo(R)クリエーションはモノの移動を担う物流支援ロボットCarriRo(R)、無人フォークリフト CarriRo(R)Fork、自動運転EV牽引車 CarriRo(R)Tractor、(3)IZAC(R)レボリューションは、自律移動技術でお客様の事業へ革新をもたらすサービス、(4)LIFE ROBOT BROTHERSは、低速自動運転ロボットを活用したサービスを提供。一人乗りロボRakuRo(TM)、宅配・配送ロボットDeliRo(TM)、自動運転警備ロボットPATORO(TM)は量産体制に入り事業パートナーの募集を開始しております。ZMPはこれからも世の中に感動を与える製品やサービスを提供してまいります。

※記載の会社名・商品名等の固有名詞は各社の商標または登録商標です。

情報提供元:@Press
記事名:「物流ロボットとバース管理システムを連携した新サービスでZMPとシーイーシーが協業 物流現場の省人化や自動化による共同開発に取り組む