フロントブリッジは運動前に10秒やるのが効果的

体幹のインナーマッスルはスポーツ中、常に固まっていたほうがパフォーマンスが向上します。体幹の安定にはインナーマッスルの緊張が欠かせないからです。そして、スポーツのパフォーマンスアップに体幹を安定させるなら運動前10秒のフロントブリッジが効果的です。
フロントブリッジをスポーツ前に10秒
フロントブリッジは、うつ伏せでひじをついて、体を一直線に伸ばす代表的な体幹トレーニングのメニュー。このフロントブリッジをスポーツ前に10秒ほどやると、パフォーマンスの向上がのぞめます。
スポーツにおいて筋肉は、オンとオフの連続であることが重要。サッカーのシュートで筋肉が固まるのはボールが足に当たる瞬間だけです。シュートの体勢に入ってからずっと筋肉を固めていたら、動作がぎこちなくなります。
コーチングで「力を抜いて」と声をかけるのは、筋肉が緊張で固まっているとパフォーマンスが低下してしまうため。瞬時に固めて、すぐに弛緩する筋肉の切り替えがスポーツでは重要になります。
運動前10秒ほどのフロントブリッジ
ただし、体幹に限っては例外です。体幹のインナーマッスルは姿勢などを安定させるもの。直接的に体の動きを司るための筋肉ではありません。このため、ずっと固まっていてもスポーツのパフォーマンスに支障がないわけです。
しかも、腹腔といわれるお腹まわりは、骨格が背骨しかありません。むしろ必要に応じて芯のように固まっているのが理想的。そのうえでアウターマッスルが自由自在に動いて、ある瞬間に固められればオンとオフが切り替えられます。
そこで効果的なのが、運動前10秒ほどのフロントブリッジです。これで体幹のインナーマッスルに自然に力を入れることができるようになります。これで神経系の働きがよくなって、インナーマッスルの機能を高められるのです。■「フロントブリッジ」おすすめ記事フロントブリッジは走るフォームをイメージするフロントブリッジはドローイン併用で効果が倍増フロントブリッジによくある勘違いフォームとはフロントブリッジは骨盤の水平を常に意識する■「運動前」おすすめ記事ストレッチは効果ナシ!運動前はケガの原因ストレッチは運動前が動的で運動後は静的がよいお腹痩せマッサージは運動前後のストレッチ時 【関連リンク】
筋肉をつける食事の基本はタンパク質とビタミンB6
1日5回!腹斜筋の筋トレでお腹をへこませる
細マッチョになる筋トレがインナーマッスル腹筋!
筋トレ後のプロテインは牛乳やゆで卵で十分
下腹部の筋トレは行列に並びながらでもできる!?

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...