夜の新習慣に生甘酒を
大正14年創業の丸昌稲垣株式会社が展開する発酵食品ブランド「かもしみ」より、2020年11月10日(火)、夜専用の生甘酒「よるしみ」(税込378円)が新発売された。オンラインストアにて購入可能だ。

甘酒が持つ疲労回復の力
その栄養価の高さから“飲む点滴”や“飲む美容液”として古くから親しまれてきた甘酒。丸昌稲垣株式会社はそんな甘酒が持つリラックス効果に着目し、1日の終わりに疲れた身体と心を整える夜専用の生甘酒を開発した。

甘酒に多く含まれるアミノ酸やブドウ糖には疲労回復の効果が期待できる。夜くつろぎの時間に甘酒を口にすると、優しい甘みが体中に染み渡り、健やかな眠りへ導いてくれる。

シンプルな原料からじっくりと
「よるしみ」の原材料は信州産のお米と糀と水のみ。熱処理を行わずに米糀を使って長時間じっくり発酵させた甘酒は、上品な甘みと豊かな米の香りが特徴的だ。

もちろん食塩や砂糖、添加物などは一切不使用。アルコールフリーなので、子どもからお年寄りまで家族みんなで楽しむことができる。スッキリとした味わいが好みの場合は冷やして、とろみ感を楽しみたい場合は40度から60度位に温めて飲むのがおすすめだ。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※丸昌稲垣株式会社のプレスリリース
https://www.atpress.ne.jp/news/233880

※丸昌稲垣の公式サイト
https://www.kamoshimi.jp/product/yorushimi/

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「1日の終わりの美容習慣!夜専用の生甘酒「よるしみ」新登場