最新の豊胸術を独自開発
株式会社インフィールの運営するクリニックビューティー恵比寿では、豊胸に特化した美容医療を受けることができる。

同医院の院長である山川氏は、メスを使わず注射のみで行う「脂肪再生豊胸」を独自に開発した。

既に、日本での特許に続き米国での特許取得が完了している。

これまでの豊胸術は、安全性や術後の経過への不安から、豊胸に踏み切ることのできない女性も多かった。

「脂肪再生豊胸」はバストに対してコンプレックスを抱える女性にとって、救世主となる次世代の豊胸術となるだろう。

無料カウンセリング&モニター価格も
新技術として注目される「脂肪再生豊胸」は、は脂肪再生豊胸溶液を注入することで、自身の脂肪細胞を活性化させる豊胸術だ。

これまでの豊胸術には、シリコンバッグ、ヒアルロン酸、脂肪注入などがあったが、「脂肪再生豊胸」は体内の脂肪組織を増やす施術により、自然なバストを生み出すことに成功した。

切開しないため術後の痛みへの不安がなく豊胸を受けることができ、10分という短時間で、体への負担も少ないことが特徴だ。

現在、同医院ではモニター価格を設定し、無料のカウンセリングを行っている。

施術方法への不安から、これまで豊胸を諦めていた人も、是非一度チェックしてみてほしい。

情報提供元:美容最新ニュース
記事名:「「脂肪再生豊胸」が米国特許取得『豊胸モニター』を募集中