永山絢斗が門脇麦の身体を抱き寄せ… 急展開に「突然すぎる」「どういう関係」とネット困惑

(※ネタバレ注意)
元天才ヴァイオリニスト・谷岡初音(門脇麦)と毒舌マエストロ・常葉朝陽(田中圭)が、地元のオーケストラ“玉響”を再興させていくドラマ『リバーサルオーケストラ』の第3話が25日に放送された。困難を乗り越えた玉響、初舞台に臨む
初音の10年ぶりのステージ復帰となる吹奏楽発表会に向けて、練習を重ねる新生・玉響
市議会議員・本宮(津田健次郎)の妨害行為などを乗り越え本番を迎えるも、初音はステージの袖で足がすくんでしまった。
しかし、団員達からのエールや朝陽の言葉に勇気づけられた初音は、吹っ切れたように堂々とステージへと向かう。
玉響の見事な演奏に会場はスタンディングオベーションの拍手に包まれ、朝陽も団員達を称えるように今まで見せなかった満面の笑みを見せる。
一方で、発表会を終えた初音の前に現れたのは、初音と幼なじみの人気ヴァイオリニスト・三島彰一郎(永山絢斗)。
思いがけない再会に硬直する初音をよそに、三島は初音の体を抱き寄せたのだった。
“いきなりハグ”の急展開に視聴者困惑
初舞台を迎えた玉響の演奏シーンに、ネット上では「オケ最高!」「めちゃくちゃ良かったー」「ブラボー!!!」などの称賛する声が上がった。
さらに、朝陽の満面の笑みには「破壊力半端ないあの笑顔」「もう全てがズルい」「笑顔で団員に拍手する朝陽さん、すきすぎる、惚れる」とのコメントも。
また、三島が初音を抱き寄せたラストシーンには「どういう関係なのよーー!!」「突然すぎるでしょ」「いきなりハグ!?」「衝撃のラスト」といった困惑気味の反応も多く寄せられた。
初音を取り巻く四角関係!?
突然脱退したティンパニストの募集をきっかけに、マスコットキャラクターの制作といった広報活動にも力を入れる様子が描かれた第3話。
様々な難題に見舞われ、玉響を潰そうとする本宮の画策に四苦八苦しながらも、確実に成長を遂げる玉響の“雑草魂”には心を掴まれる。
そして、同居生活で初音との距離を縮める蒼、初音のなかで変化する朝陽への想い、幼なじみの三島の登場といった “四角関係”にも注目したい。
一難去ってまた一難…まだまだ山積する問題
次の演奏会の曲目は、初音が10年前に逃げ出したステージで弾くはずだった曲に決定。
第4話では、トラウマから脱却しきれていなかった初音がスランプに陥ってしまい、朝陽と蒼が対立する様子が予告されている。
さらに、家庭とオケをうまく両立できていないヴィオラのみどり(濱田マリ)は休団宣言。
団員の衝突や大所帯ゆえに山積する問題も、本作の見どころの一つだ。
ライバルの横やりも跳ね除ける痛快な打開策に期待を込めて、玉響の再興を見守りたい。

Yahoo!で調べてみよう

    Loading...