11月21日から23日までの三連休。皆さんはもう予定を決めていますか?GoToトラベルで費用を抑えられることから、遠出をするという方も多いのではないかと思います。特に今年の新型コロナウイルス蔓延の影響で今まで旅行に行かなかった人も、今度の三連休は旅行に行って羽を伸ばしたいという方は多いはず。 

今回は、そんな11月の連休に訪れたいオススメの場所を紹介。兵庫県神戸市にある有馬温泉では、昼飲みキャンペーン「ひる飲みありま」、そして、今年初開催となるアートイベント「有馬アートナイト 〜質量からの旅の追憶〜」を開催しています。   

有馬温泉について 

兵庫県神戸市にある有馬温泉は、飛鳥時代以前から続く日本最古の温泉の一つ。江戸時代の温泉番付では最高の位置付けである西大関に格付けられ、林羅山の日本三名泉や、枕草子の三名泉にも数えられている温泉で、あの豊臣秀吉も愛したと言われています。 

その泉質は、鉄分と塩分を含み空気に触れる事で褐色となる「金泉」と、炭酸水素塩泉・ラジウムを多く含み肌がキレイになると女性に人気の「銀泉」があり、違った種類の温泉を堪能する事ができます。  

また、温泉そのもの以外にも、有馬ならではの温泉街の風情ある景色やグルメといった日常には無い楽しみも味わう事ができます。 

ひる飲みありま 

有馬温泉では現在、新型コロナウイルス蔓延で観光客が減ってしまった温泉街を再び盛り上げるため、「温泉に入って、ランチで一杯、街歩きでも一杯」がコンセプトの“ひる飲みキャンペーン”「ひる飲みありま」を実施中。期間中は温泉街にある22店舗の飲食店にて、季節限定のひる飲みメニューやひる飲み特典を提供しています。 

ご当地グルメ(一部) 

・竹中肉店 

シェアにぴったりな生ビール2杯、メンチカツ一個、コロッケ一個のセット。 

・Cing.Bar du SAKE 

有馬ビールを含む5種のビールから 1杯、生ハムとチーズのセット。  

・ GRIDDLE ME LOCAL 

生ビールやワインなどのドリンク1 杯とおつまみ4品から1品を選べます。 

「有馬アートナイト 〜質量からの旅の追憶〜」 

現在、有馬温泉では「ひる飲みありま」に加え、アートイベント「有馬アートナイト 〜質量からの旅の追憶〜」も開催中。有馬温泉街にある4つの泉源地と12か所の場所に、作家の岡本啓さん、中島麦さんが手がける色彩と光のインスタレーションや、専用のARアプリを活用したアート作品が出現しています。  

専用アプリは街並みと融合したアート作品を見られる他にも、温泉街のマップ、施設や飲食店なども掲載。その他にも周遊スタンプラリーによる有馬温泉限定の景品も用意されています。 

 

温泉街を盛り上げていきたいという思いから行われている「ひる飲みありま」、「有馬アートナイト 〜質量からの旅の追憶〜」。興味が出てきたという方は、この11月の三連休に訪れてみてはいかがでしょうか。

別冊Discover Japan TRAVEL ニッポンの温泉 (2016年11月18日発売)
Fujisan.co.jpより

情報提供元:マガジンサミット
記事名:「11月の3連休は有馬温泉が狙い目!昼飲みキャンペーンやアートイベントを開催中!