「東映太秦映画村」「京都鉄道博物館」「嵐電」が、TVアニメ『鬼滅の刃』と再びコラボ! 昨年好評だった「京ノ御仕事」がパワーアップして、2020年12月26日(土)から2021年3月14日(日)までの期間開催されます。

映画村では、お客さんご自身がキャラクターになった気分を味わえる劇中再現セット、アニメの場面写真などを展示。前回同様にオリジナルコラボ電車を走行する嵐電に加え、京都鉄道博物館も会場に。所蔵するSLや展示と炭治郎たちのコラボ『劇場版「鬼滅の刃」無限列 車編』および『鬼滅の刃』の世界を体感できるイベントを行うとのこと。

イベント開催にあたり、描き下ろしのイラストが登場。戦いの軌跡をめぐり京都の街をめぐる本イベントに合わせて、炭治郎、襧豆子、善逸、伊之助、煉獄の5人が大正ロマン風におめかし。キャラクターをイメージし着物や帯の柄までこだわった衣装に注目です。

5人のほか、柱を含む総勢18人が京都を散策するミニキャライラストも制作。オリジナルグッズも多数登場。五山送り火と煉獄さんのコラボ!最高ですね。

いずれの会場でも、オリジナルのコラボメニューを販売、そのほか京都の街中をめぐるキーワードラリーの開催も予定されているそうなので、続報を楽しみに待ちましょう!

「鬼滅の刃 京ノ御仕事 弐」
2020年12月26日(土)~2021年3月14日(日)
東映太秦映画村、京都鉄道博物館、嵐電「四条大宮駅」「嵐山駅」
https://www.toei-eigamura.com/kimetsu
@kimetsu_Kyoto

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「“五山送り火”を楽しむ煉獄さんなど描き下ろしイラストもたっぷり! 冬の京都で再び『鬼滅の刃 京ノ御仕事 弐』開催