コーヒー豆屋さんの完全閉店のお知らせがTwitter上で大きな話題になっている。

件のお知らせチラシを撮影し、紹介したのはTwitterユーザーのおっちー(@occhi1976)さん。そこにはたしかに「完全閉店のお知らせ!!」という大見出しが書かれているのだが、少し下には

「日付:2050年9月4日(日)
理由:年齢(90歳)により閉店」

との表記が……。また、5年おきに1日ずつ週休を増やしていくという計画も書かれている。

https://twitter.com/occhi1976/status/1315206870869528576?s=19

「やばい行きつけのコーヒー豆屋さんがあと30年で閉まっちゃう」

おっちーさんの投稿に対し、Twitter上では数々のコメントが寄せられている。

「『計画倒産』(使用用途が違います)」
  
「大変だ
せめて閉店するまでは毎日通うしかない」
  
「そのそもこのチラシのデザインといい文字色がもう奇才(笑)
文字チカチカしすぎて入ってこない。。。。」
  
「休みがだんだん増えていくのいいなぁ」
  
「最後の方は殿様商売になっても商いしたおすんですね お客さんとしては少なくとも30年後までは確約されて安心ですね」
  
「閉店までに必ず行きます」

2050年で90歳と言うことはご店主は現在60歳。最近の60歳はまだまだ元気な方が多いが、現状の週休1日はそろそろ体にこたえるお年頃だろう。くれぐれも無理をせず、長くお店を続けて頂きたいものだ。

※画像提供:おっちー(@occhi1976)さん

(執筆者: 中将タカノリ)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「いつかと思えば30年後!? コーヒー豆屋さんの「完全閉店のお知らせ」が話題に