ポージングを自ら彫刻に寄せていくワンちゃんがTwitter上で話題になっている。

件のワンちゃんを紹介したのは彫刻家のはしもとみお(@hashimotomio)さん。はしもとさんは主に動物の彫刻を製作しているのだが、飼っているワンちゃんがその彫刻よろしく仰向けのポーズを披露している。

https://twitter.com/hashimotomio/status/1288614620316332032?s=19

「最近愛犬が、自ら彫刻に寄せていく。。」

彫刻が精巧すぎるのか、それともワンちゃんが寄せすぎてしまっているのか……。見る人によっては見分けがつかない不思議な光景に、Twitter上では大きな反響が起こっている。

「すごいですね手前の彫刻…本当に生きてるようだ。
奥でおとなしく座ってて本当にかわいいワンちゃんです!」

「床にいるねっこといっぬの2匹は完全に生きてると思いました
彫刻技術も素晴らしいですね
手前のわんちゃんは死ぬほど可愛いです!!」

「すごいイッヌがいっぱい!!
…と思ったら生きてるのは一匹だけなんですね」

「彫刻の方撫でまくって本体が嫉妬するまでがテンプレですかね」

「尊い…守りたいこの可愛さ…」

なお現在、岡山県新見市の新見美術館では、はしもとさんの作品を扱った『にいみどうぶつ列車へようこそ!はしもとみお 木彫り動物の世界』を開催中(9日6日まで)。もちろん犬の彫刻も出展しているので、ご興味のある方はぜひ美術館のホームページ(リンク)をご覧いただきたい。

※画像提供:はしもとみお(@hashimotomio)さん

(執筆者: 中将タカノリ)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

情報提供元:ガジェット通信
記事名:「どちらが本物かわからない!? 彫刻に寄せすぎのワンちゃんが話題に