元TBSアナウンサー・小林麻耶(39)の周辺に怪しい噂が飛び交っている。

 小林は今年7月に「一般人の男性」と結婚、その相手についてはエリート会社員と伝えられていた。だが、9月13日発売の『女性セブン』(小学館)で男性が「宇宙ヨガ整体師」であり、彼らを結びつけたのが、いま怪しいと批判が集まる“子宮系”と呼ばれる、スピリチュアル系グループだったことが明かされ、ファンを驚かせている。

「相手の男性K氏はアーティストの元バックダンサーで、現在は”ヒーリング整体”を掲げて目黒にパーソナルジムを経営し、全国に赴いて施術している人物です。彼の施術で宇宙のパワーとリンクできることから、宇宙ヨガなどと言われています。当時の小林は妹・真央の看護疲れで身も心も弱った時期で、K氏の”ヒーリング”が、小林の疲れた心を掴んだのか、交際からわずか半年で結婚しています。小林が所属していた事務所セント・フォース(現在は退所)は彼女が広告塔にされることを懸念し、この交際に猛反対。K氏の素性を”一般男性”とし、ネットのサイトや書き込みもすべて削除させました」(週刊誌記者)

 元々、占いが好きだったという小林だが、K氏と出会った頃からスピリチュアル世界に傾倒していく。だが、惚れた弱みというべきなのか、K氏に影響されて変わっていく小林を見るにつけ、ファンの間では「幸せに見えない」「洗脳されている」という声が絶えない。

 小林は8月10日に自身のInstagramで指輪を披露しているのだが、これがSTARJEWERYGirlの「GIRL’S STAR RING CUBIC ZIRCONIA」というジルコニアの指輪と判明。その価格は元芸能人には不釣り合いな27,000円だった。もちろん金額がすべてではないが、一生に一度の婚約指輪は”給料三ヶ月分”が相場とも言われている。これにはSNSでも祝福の言葉に混じり、「いくら相手が惚れてるとはいえ、芸能人に27,000円の指輪を贈るとか」「どう考えても騙されてる。洗脳じゃない?」など男性の素性を懸念する声が続出していた。

 だが、小林を取り巻く怪しい環境は、夫だけではない。小林とK氏を結びつけたのが、いまキナ臭い噂が多い”子宮系”のイベントだった。

■小林麻耶だけじゃない、子宮系イベントに関わるあの炎上芸能人?

 高額なグッズやセミナー、施術が横行し、信奉者の家族ら周辺からも批判や苦情が多発している”子宮系”とは一体なんなのか。

「スピリチュアルといえば聞こえは良いが、教義のぶっ飛び方や集金のシステムはカルト宗教に近い。『女の幸せ=子宮を大切にすること』という思想を発信する一派で、彼らは子宮を使う、すなわちセックスやマスターベーション、さらには不倫まで”本能のままに行うべし”としています。つまり、「子宮の声=欲望」に従えば、美容や健康、さらには幸運までも引き寄せると驚くべき”教義”を掲げているんです」(同記者)

 特に怪しいのは、”子宮系女子”の必須アイテム、ジェムリンガなるグッズ。パワーストーンを膣内に入れていれば『体調が良くなり、 男女関係や人間関係が改善する』とうたっている。もちろん、科学的な根拠はなく、その原料も衛生材料などの医療材料でもないため、体内に入れ続けることはむしろ危険。高須クリニック院長・高須克弥氏もTwitterで『腹膜炎起こすぞ!すぐにやめなさい』(2015年6月22日)と強く警鐘を鳴らしているほど。これを数万円で販売しているという。

 そして、子宮系には小林だけではなく、あの炎上芸能人も深い関わりを持っているという。

「小林が出席した子宮系イベントには、過去にキングコング・西野亮廣(38)も登壇までしている。彼がどこまで本気で子宮系の思想を信じているかは分かりませんが、高額の絵本を信者女性らが大量購入するウインウインの関係にあるのは間違いありません。小林と西野という有名人が安易に広告塔になったことで、ファンや視聴者が巻き込まれることが懸念されます」(同記者)

 小林麻耶を取り巻く、怪しすぎる面々。小林は8月3日に、交際に反対してきた事務所も退所し、気兼ねなくスピリチュアルの世界にひたっているという。もちろん思想信条は憲法で保障された自由である。だが、妹・真央が標準医療を拒み、民間療法を選んだのも麻耶の強い勧めがあったからだとも言われ、市川海老蔵(40)もブログで義姉の結婚に触れず、距離を取りたがっているという。

 ”本能の赴くまま”にと傾倒するスピリチュアル世界は、小林本人こそ幸せな気分にするものの、周囲を振り回して不幸にしていないだろうか。小林の結婚が周囲とファンの祝福を受けることを祈りたい。

情報提供元:Daily News Online
記事名:「小林麻耶、2万円の婚約指輪と「セックスも不倫も本能に従う」子宮系カルトの怪しさ