新型コロナウイルスの感染拡大以降、人々の健康に対する意識が変化していますが、そんな中で開催されたグロービス主催の「コロナを機に考える医療とテクノロジーの未来」のセッションに、医療・ヘルスケアに関わる3人の登壇者が登場。コロナ禍以降見られる感染症や健康に対する情報リテラシーの高まりから、コロナ報道に関する制作側と出演側の姿勢や取り組みまで、幅広いテーマについて語っています。

全文を読む

情報提供元 : ログミー
記事名:「 緊急事態宣言中は、遺伝子検査キットの売上が2倍に コロナ後に高まった「不安の見える化」への関心