夏のあいだは熱中症にならないためにも、エアコンや扇風機はかかせませんが、長時間風にあたっていると、肌の水分が奪われて乾燥したり、おでこや鼻周り、頬のテカリが気になる、毛穴が目立って見えると感じることはありませんか?さらに今年はマスクをつける回数や時間が多くなり、フェイスラインなどの肌荒れや吹き出物などの肌トラブルが気になるという人も多いですね。

今回はエステティシャンである筆者が、夏に感じる乾燥やテカリ、肌荒れなど肌トラブルのケア法についてご紹介します。

夏に感じる肌の変化やトラブルとは?

長時間エアコンの効いた部屋にいると体感は涼しいですが、肌の水分が奪われやすくなり、乾燥によってカサつきを感じたり、肌を守ろうと過剰に皮脂が分泌しテカリやすくなる、皮脂づまりやニキビ、吹き出物などの肌トラブルを感じやすくなります。

夏の肌トラブルを起こさない肌にするためには、汗や皮脂汚れを落とし、肌を清潔にすること、エアコンや扇風機などの乾燥を加速させないために化粧水で水分量を高めること、紫外線や肌トラブルに対して美容液やパックで修復すること、それらを逃がさないように油分でうるおいを閉じ込めること、日焼け止めなどで紫外線から肌を守るなど、朝と夜のスキンケアによって対策しましょう。

夏肌トラブルを招かない!長引かせない!ためのスキンケア法

1. クレンジング、洗顔

クレンジング、洗顔
出典:byBirth

外から帰ってきたらクレンジング、洗顔で汗や皮脂、メイク汚れをていねいに洗い流しましょう。朝も寝ているあいだに肌表面には皮脂や空気中のほこりが付着しているので、洗顔料を使って洗うのがおすすめです。

洗顔はキメ細かな泡をしっかり立てることで、毛穴に入り込み汚れを吸着しますので、やさしく転がすように洗うことが洗顔のコツです。

2. 化粧水をたっぷり浸透させる

化粧水をたっぷり浸透させる
出典:byBirth

化粧水はパッパッっとつけて終わり!になっていませんか?化粧水の量が少ないと、角質層のすみずみまで化粧水が足りていない状態となり、日中のダメージによって砂漠のように水分不足になってしまいます。

肌表面が乾燥するだけでなく、皮脂が過剰に分泌し、テカリや毛穴の開きが目立ちやすくなるので、数回に分けてたっぷり浸透させましょう。

1回目はコットンにたっぷり化粧水を含ませ、顔全体にサッと広げ、コットンをやさしくおさえながら化粧水をなじませます。コットンを裏返すか、新しいコットンに化粧水をたっぷり含ませて、やさしくおさえるように角質層にしみこませましょう。

頬や鼻周りの皮脂テカリや毛穴が気になる場合は、コットンパックをするのもいいですね。

3. 美容液を浸透させる

美容液を浸透させる
出典:byBirth

化粧水をたっぷりなじませたあとは、美容成分を補って肌に栄養を与え、修復させましょう。

エステティシャンおすすめの美容液は「カスタムナンバー トリプルスリー」の「発酵プラセンタエキス」と「フラーレン」。

「カスタムナンバー トリプルスリー」の「発酵プラセンタエキス」と「フラーレン」
出典:byBirth

乾燥によるくすみが気になる、頬や鼻周りのテカリが気になる、保湿を強化したいという場合は「発酵プラセンタ」がおすすめです。

スポイトタイプのボトル容器にサラサラの原液タイプの美容液が入っていて、手に取るとすぐに浸透するテクスチャーです。

スポイトタイプのボトル容器
出典:byBirth

3滴ほど手に取り、気になる部分になじませて、2回ほど繰り返し重ねましょう。プラセンタ特有のにおいもなく、お肌がうるおう感じがあります。

フラーレン
出典:byBirth

マスクによる肌荒れや紫外線ダメージを落ち着かせたい、毛穴を引き締めたい場合には「フラーレン」がおすすめです。プラセンタと同じ原液タイプの美容液で、サラサラとしてすぐに浸透します。

3滴ほど手に取り、気になる部分になじませて2回ほど繰り返し重ねると、みずみずしさがアップするのがわかります。

みずみずしさがアップ
出典:byBirth

肌トラブルごとや気になるパーツごとに「発酵プラセンタ」と「フラーレン」を使い分けてなじませたり、重ねてなじませても大丈夫です。肌がしっとりうるおい、透明感がアップするのがわかります。

4. 乳液とクリームでしっかりフタをする

乳液とクリームでしっかりフタをする
出典:byBirth

化粧水や美容液は水分なので、乳液とクリームの油分を補って、水分を逃がさないようにすることがポイントです。

乳液を手に取り、手のひらを密着させながらお肌になじませることで、のちに塗るクリームがなじみやすくなります。クリームをサッと広げたあと、手のひらを密着するようになじませると、肌がもっちりします。

乾燥やテカリ、毛穴の目立ちやマスクによる肌荒れなど、夏の肌トラブルをなんとかしたい!と感じた時は、日頃のスキンケアによる水分や油分の量が少なくないか、ていねいに浸透させているかを見直し、トラブルやダメージにアプローチできる美容液を取り入れて、肌細胞を修復させることが大切です。

夏の肌トラブルをそのまま放置してしまうと、秋や冬も肌の不調が続く原因になるので、この機会に一度スキンケアを見直し、肌を強化してみてはいかがですか?

情報提供元:GODMake
記事名:「マスクによる肌荒れ、エアコンによる乾燥、毛穴など夏肌トラブルケア法