シチズン時計株式会社は2021年6月10日(木)、オンライン上で様々な時にまつわる体験ができるバーチャル空間の街「CITIZEN Timeless City」をオープンしたことを発表しました。



「CITIZEN Timeless City」がオープン

時計メーカーのシチズンが今回オープンした「CITIZEN Timeless City(シチズン タイムレス・シティ)」は、オンライン上で様々な時にまつわる体験をすることができるバーチャル空間の街で、いわゆる”時の記念日”にあたる2021年6月10日(木)に公開されています。

オープン初日にはコンテンツ第一弾として、

・ブランドの世界観を360°空間で体感できる「コンセプトラウンジ」

・シチズンを代表する歴代の腕時計が見られる「ミュージアム」

・動画コンテンツが楽しめる「ライブスペース」

の3つがオープンしています。

時計の歴史や腕時計を選ぶ楽しみを体験できる空間となっており、腕時計という1µm単位のモノづくりを追求してきたシチズンとして、建物や道路をはじめ街の細部の質感にもこだわって再現されています。

VRならではの非現実的な街の構造とリアルさが交差する空間となっており、その中で未来的でありながらもどこか懐かしい雰囲気を醸し出す町並みが体験できます。

イメージ

「CITIZEN Timeless City」ページ

WEBブラウザからアクセス可能!時をテーマにした街並み

このバーチャルシティは、誰もが気軽に腕時計の魅力に触れ、ワクワクできる体験を提案したいという想いから、シチズンウオッチオフィシャルサイト内のバーチャル空間に生まれた街で、アプリのインストールも必要なく、PCやスマホ上のWEBブラウザから誰でも自由にアクセスすることができます。

街の名前に使われている「Timeless」は“時を超えた”を意味しており、空間内はその名のとおり

「過去」

「現在」

「未来」

を超えた世界の情景を、本物の街のような質感でリアルに表現しています。

街のデザインは、「時間」の概念の起源といわれる古代ギリシャ・ローマがイメージされており、街の中心である「セントラルパーク」には、時計の起源といわれる日時計のオベリスクが立っています。

イメージ

また街の中は実際の時間の流れとリンクしており、季節や時間に合わせて景色が変化するなど、その時にしか見られない空間を楽しむこともできます。

イメージ

3つのコンテンツが公開中

2021年6月11日現在、同シティでは「コンセプトラウンジ」「ミュージアム」「ライブスペース」の3つが公開されており、それぞれを体験できます。

ブランドの世界観を体験!「コンセプトラウンジ」

「コンセプトラウンジ」では、ブランドの世界観を360°空間で体験することができます。

取り扱うブランドは不定期に変更される予定となっており、第一弾は腕時計の本質を追求するブランド「ザ・シチズン」の高精度 年差±1秒モデル(AQ6100-56L)が紹介されています。

またセントラルパーク同様、コンセプトラウンジから見える風景も時間によって変化していき、タイミングによっては「ザ・シチズン」の象徴であるイーグルマークに由来する鷲の飛ぶ姿を見ることもできるほか、夜の時間帯では蛍が光る様子を楽しむこともできます。

イメージ

「ミュージアム」ではバーチャルヒューマンが案内

「ミュージアム」は、シチズン時計本社にある一般非公開の「シチズン ミュージアム」がバーチャル空間で再現されており、シチズンの歴史に触れることができます。

イメージ

館内は360°視点で見学することができ、ショーケースに飾られている歴代腕時計の数々をバーチャルヒューマンが解説していきます。

イメージ

また紹介する時計に合わせてさりげなくチェンジするバーチャルヒューマンの衣装も、注目のポイントとなっています。

イメージ

イメージ



「ライブスペース」では動画コンテンツを放映

「ライブスペース」は動画が視聴できるコンテンツで、第一弾は、シチズンと建築家・田根剛氏による「時間とはなにか」を問い続けてきた軌跡「LIGHT is TIME」が放映されています。

ローマ時代の円形劇場に着想を得たデザインとなっており、人々が集う場所として動画コンテンツのライブ配信などが予定されています。

イメージ

今後はコンテンツの追加も

同シティは今後、コンテンツを随時追加・更新して拡張されていく予定となっており、2021年秋頃には、実際に店舗に訪れているような体験ができる「ブティック」のオープンが予定されています。

また今後の方針として、腕時計が好きな人はもちろん、まだ腕時計に触れたことがない人にも、訪れるたびに新しい発見や体験ができる魅力あるコンテンツの提供を目指していくとしています。

まとめ

時計メーカーのシチズンが、公式サイト上のバーチャル空間に「CITIZEN Timeless City」をオープンしました。

この空間は”時にまつわる様々な体験”ができるバーチャルシティとなっており、現時点で「コンセプトラウンジ」「ミュージアム」「ライブスペース」が公開されています。

空間内にも時の流れを感じる仕掛けが施されており、案内はバーチャルヒューマンがしてくれます。

リアルな質感なども再現されているということで、普段の日常とは違った、新鮮なひと時を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ソース:プレスリリース[PR TIMES]








The post VRで時を体験!「CITIZEN Timeless City」が時の記念日にオープン first appeared on VR Inside.

Copyright ©2021 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元 : VR Inside
記事名:「 VRで時を体験!「CITIZEN Timeless City」が時の記念日にオープン