株式会社理経は2020年10月14日(水)、地震体験車(起震車)にVR映像を連動させた「VR地震体験システム」を開発し、東京都練馬区で採用されたことを発表しました。


開発の背景と練馬区への導入について

政府の地震調査委員会の発表によれば、30年以内に首都圏直下型地震(マグニチュード7クラス)の地震が発生する確率は、約70%と言われており、各自治体では様々な防災への取り組みが行われています。

地震による揺れを擬似体験できる起震車による体験も防災活動の一つとして多くの自治体で取り組まれています。

ただ、大きな地震の揺れを体験してもらうだけでなく、家具の転倒や物の落下などによる負傷被害をリアルに体験するため、起震車の揺れのなかでVR映像を連携させる方法があります。

しかし、起震車の動きとVR映像のタイミングを合わせることは難しく、実運用面での課題となっています。

そこで理経社は、この課題を解決するため、起震車の体験開始ボタンに連動してVR映像を再生し、振動とVR映像のずれを解消する仕組み、さらに複数のVRゴーグルを同時に制御できる「VR地震体験システム」を開発しました。

この開発によって一度に複数人が容易に、よりリアルな体験で防災意識の向上を図ることが可能となり、今回の練馬区での採用に至っています。

大人から子供まで体験できる、よりリアルな防災体験


「VR地震体験システム」は、起震車の揺れとVR映像を連動させたことが一番の特徴ですが、さらには子供から大人まで複数人が同時に体験できるなど、以下のような特長があります。

VR映像も起震車の操作ボタンで制御

本システムは、起震車のスタートボタンにVR映像が連動されています。

再生・停止などの操作は、起震車の操作ボタンで制御することができます。

子供用ゴーグルを開発!子供から大人まで複数人の同時体験

理経社は、子供用のVRゴーグルを、実運用を考慮し、独自に開発しました。

大人用(13歳以上)・子供用ゴーグルを複数台同時に制御可能なシステムが開発され、年齢を問わず体験することが可能となっています。

3つのシーンを体験可能!起震車の揺れとVR映像の融合

VRの映像コンテンツは、3つの実写映像

キッチン・ダイニング

学校の教室

屋外

の体験が可能です。

体験終了後、地震の際の行動や事前の備えとしての対策など、映像を見ながら学習することもできます。

また理経社では、起震車と連動したオリジナルコンテンツの制作も行っています。

(VR映像コンテンツは、起震車の開発を手掛ける飛鳥特装株式会社より提供)

詳細:製品ページ



今後の展開について

今後は地震に限らず、理経社がこれまでに開発した火災や水害のコンテンツを起震車でも体験可能にするなど、起震車で体験できるラインアップを増やしていく予定です。

本システムは起震車以外の場所でも体験が可能な構成となっていて、種類の異なるVRゴーグル、大人用・子供用ゴーグル、VRゴーグルとタブレット端末などを組み合わせることで、さまざまな環境での利用が可能になっています。

まとめ

防災イベントや教育現場などで、1度は目にし、体験したことがある人も多い地震体験車。

揺れの怖さは実体験として味わえるものの、個人的には「その場限り感」が強く、リアルにイメージし、防災の意識を高めるのはなかなか難しいです。

VR映像と連動させることで、よりリアルな体験が可能となりますね。

また、大人だけでなく、子供も体験できるVRゴーグルを開発されたのは素晴らしいですね。

ソース:「VR地震体験システム」プレスリリース[PR TIMES]








The post 起震車とVR映像を連動!理経が開発した「VR地震体験システム」を練馬区で採用 first appeared on VR Inside.

Copyright © 2020 VR Inside All Rights Reserved.

情報提供元:VR Inside
記事名:「起震車とVR映像を連動!理経が開発した「VR地震体験システム」を練馬区で採用