重低音の響きと調べが眠気を誘う、子猫の寝床はサブウーファー
これさえあれば旦那の義太夫も子守歌になって寝床で眠れますね。 凹み具合と沈み具合とそのサイズと、どれもこれも猫の寝床にピッタリなサブウーファー。しかも重低音を響かせると猫がぐっすり眠ってしまうという、少々意外な実証動画をどうぞ。
ウーファーを上に向けて、毛布を被せますとあつらえたような猫ベッドのできあがり。これだけでも十分様になっているわけですが、そこにドコドコとビートの利いた音楽を流しますと、あら不思議。 ブルブルと振動に揺れながら子猫の顔はトローンと眠りの園へ。単調なリズムでガタゴトと電車に揺られていると眠くなるのと同じ理屈でしょうか。約1年半後に公開された動画では、同じ猫がブルブルと揺れながら眠りについている様子が記録されておりまして飼い主さんによると「猫のゴロゴロ音に近いんじゃないか?」と考察されていまして、その可能性も否定できない気がしております。 [Kitten Interested in Large Subwoofer/YouTube] The post 重低音の響きと調べが眠気を誘う、子猫の寝床はサブウーファー first appeared on 猫ジャーナル.

【関連記事】
お昼寝の悪夢で目覚めて叫ぶ猫、隣の猫まで巻き添え起床
球場の客席横切りダッシュした猫、確保の男性に裏拳を決める
三毛猫が体を張った何ゴラフィニッシュ、ピッタリ6秒有終の美

情報提供元:猫ジャーナル
記事名:「重低音の響きと調べが眠気を誘う、子猫の寝床はサブウーファー