愛犬とドライブするときに覚えておきたいこと

犬とドライブ

Africa Studio/shutterstock.com

愛犬と一緒にドライブに行くことを考えただけでも心安らぐひとときになりそうですね。広い所に連れて行けば犬のストレス発散や散歩も兼ねることができます。

ただ、愛犬とドライブをする前に考えておかなければいけないことがあります。何といってもまず、犬は車酔いしやすいということです。私たち人でも車酔いでつらい思いをすることがありますよね。

そのような経験をされた方ならばよくわかると思いますが、車酔いをしながら移動するのは苦痛以外のなにものでもありません。振動する車の中に一体いつまで乗っていなければならないのか、そう思ったこともあることでしょう。愛犬には車酔いしないようにさせてあげたいものですね。犬に優しい車を用意してあげたいと思います。

他にも、犬にとって芳香剤やたばこの臭いもストレスの原因になる場合があります。それで、安定した場所に乗せてあげることに加えて、頻繁に休憩をとったり外に出してあげたりすることが必要になる場合もあるでしょう。

さらに犬を乗せたドライブの際は、普通以上に安全に注意をする必要があります。例えば膝の上に愛犬を乗せる場合、ドライバーである飼い主にじゃれてきて、ドライバーが運転ミスを起こすということがあり得ます。

その際ドライバーはシートベルトをしていても、シートベルトをしていない犬は衝突などの衝撃で、いとも簡単に車外に放り出されてしまう危険があります。また、シートベルトをしていないので、愛犬が窓やドアから突然飛び出してしまうおそれもあります。場合によっては後続の車やバイクがそのタイミングで来てしまいますと、ひかれてしまう危険もあります。

こうした点を考えますと、ドライブ中は車の中で放し飼いのような状態にするよりも、ペットキャリーやゲージを準備したり、あるいはリードなどで飛び出さないようにしたりするなどの対策が必要な場合もあるでしょう。

イメージとしては、大切な子どもを乗せる際に子どもを守るためにチャイルドシートを装着するのと同じです。愛犬も大事な家族の一員というイメージを持つことが大切です。

犬にとって優しい車の紹介

犬と家族

Africa Studio/shutterstock.com

では愛犬とのドライブを楽しむために、どんな車を選ぶことができるでしょうか。ここからはあくまでも「犬にとって優しい車」という視点で取り上げていきたいと思います。

■スバルレガシィアウトバック(初代) はじめに紹介するのは、スバルレガシィアウトバック(初代)です。この車は釣り人にも人気がある車です。ラゲージには、魚を入れたクーラーボックスなどの臭いを取る脱臭ファンが3.0Rに標準設定されています。

愛犬のニオイが気になる場合でも心配なく車を利用できるので、愛犬とのドライブにも安心して出かけることができます。

■メルセデス・ベンツVクラス(2代目) このベンツは広々としていて、シートアレンジが多彩なミニバンタイプです。アクセサリーグッズの中に、2列目のシートの座面を延長するように前席とのすき間を埋めるペットシートスペースクッションも用意されています。この車も犬に優しい車です。

■ホンダフィット(ハイブリッド) フィット ハイブリッドも犬に優しい車です。圧倒的な室内空間とクラストップレベルの低燃費で、愛犬家に人気の車です。簡単な操作でアレンジ可能なシートレイアウトによって、大型犬でもゆったりとおでかけを楽しむことができます。

荷室の部分はフラットな状態にすることができます。後席のシートを倒せば、広々とした余裕のある荷室スペースとなります。このフラットな荷室の用途は様々です。たっぷり乗せることができますし、ゆったりくつろぐこともできます。愛犬がゴロンと寝そべるのにも十分すぎるほどのスペースです。

後席のシートをはねあげて、十分なスペースを確保することができます。荷室に荷物が多いときにキャリーケースなどを入れることができます。片方の後席だけを上げることもできますので、上げた部分に愛犬のキャリーケース置いて、その隣に座って中の愛犬の様子を見ることもできます。

後席のシートを倒したりはねあげたりしなくとも、フィット ハイブリッドの場合、ラゲッジスペースの部分に中型犬用のハードタイプキャリー横向きに乗せることができます。ラゲッジスペースの部分だけでも十分なスペースがあります。5人乗って愛犬をさらに乗せることができるので、家族みんなで愛犬と共にお出かけすることができます。

フィット ハイブリッドは低床です。地上から開口部までの高さをできるだけ低くしているため、中型犬や大型犬なら人の手を借りなくとも自ら乗り降りできます。低床なので乗り降りも楽チンです。ラゲッジスペースの部分も低床でかつ大開口です。そのため、愛犬が入ったある程度重みのあるキャリーも、高く持ち上げなくても積み込むことが可能です。

犬は暑さに強くありません。そのため室内の温度にも気を付けたいところです。フィット ハイブリッドには、IRカット(遮熱)・UVカット機能付フロントウインドウガラスやIRカット(遮熱)・スーパーUVカットフロントドアガラスをつけることができます。

こうした装備を装着すれば愛犬は車内でより快適に過ごすことができますし、飼い主さんも夏の日焼けや暑さを気にせず、快適にドライブを楽しむことができることでしょう。

フィット ハイブリッドではニオイ対策もしっかり行うことができます。プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナーをつければ、送風、エアコンに連動して作動し、空気浄化や脱臭などの効果を発揮して、愛犬とのドライブをより快適にすることができます。

情報提供元:mofmo
記事名:「愛犬とドライブを楽しみたい!犬に優しい車やドライブで使えるアクセサリーを紹介