9月14日に総裁選が行われ、大本命と言われた管官房長官が自民党の新総裁となりました。管総理大臣誕生と言う事で、アベノミクスを今後も継承されるのではないかとも報道されています。そんな中、総裁選の会場は人が集まりすぎており、密になっていると話題になっているのです。

管総理大臣誕生へ

菅義偉氏が自民党新総裁に決定しまし、2位が岸田氏、石破氏が3位という結果となり増した。

総裁選の会場が密すぎてヤバい!

現在は新型コロナウィルスの影響で、イベントや展示場会場では人数制限を50%以下にするなど三密を回避すべく対策を行っています。

しかし、総裁選の会場がテレビで放送されるやいなや、「総裁選、3密じゃない?」「総裁選が一番密」「総裁選案の定、超密だな。」「このひとたちに、『イベントは会場収容人数の50%以下にしろ』とか言われるの理不尽」と、ネット上にコメントが寄せられていました。

令和おじさんと呼ばれた管官房長官から管総理大臣となりましたが、今後の日本の政策がどのようになっていくのか注目が集まります。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「管新総裁誕生、総裁選の会場が密すぎてヤバいと話題に