image:pixabay

年々大型化していくスマートフォンではありますが、アイフォーンSEでは若干小型化され、絶賛されたのは記憶に新しい。しかしながら時代はどんどん進化し、ますます大型化していく流れは歯止めがきかず、次期アイフォーンであるアイフォーン12では、更に大型化のモデルが登場する可能性も。そんななかとある懸念が浮上。

恐怖の集合体恐怖症問題

こちらは今回流出してる次期アイフォーンであるアイフォーン12のケース。

相変わらず大きいが、大型化はさほど問題ではないのかもしれない。何故ならば小さいものを選べば良いからだ。次期アイフォーンでは様々なモデルが登場するとされており、以下4つのモデルが有力視されております。

iPhone 12:5.4インチ
iPhone 12 Max:6.1インチ
iPhone 12 Pro:6.1インチ
iPhone 12 Pro Max:6.7インチ

なかでも12Proともなると、カメラは3眼となり現状のアイフォーン11と同じような見栄えとなる。さらに、LiDARスキャナ(light detection and ranging(光による検知と測距))を搭載するとも予測され、更に穴が増える。

ということで今回流出しているケースを見ると、なんとも不気味な穴が無数に空いている。つまりカメラやその他フラッシュなどを含めると、数々の穴が我々を狙うのだ。

これは集合体恐怖症な方々には死活問題。

せめて、このカメラレンズを覆い隠すカバーをつけるか、もしくは通常時はレンズが隠れているようにするなどの、配慮をしていただかないと、集合体恐怖症に加え、誰かに狙われている感がどこにでも感じてしまうのは否めない。

金型も流出しいよいよ湧き上がる次期アイフォーン

スティーブ・ジョブズがいない今。果たしてこの問題は解決するのだろうか。そして天国でこの状況をジョブズはどう見ているのか。

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「iPhone12、恐れていた懸念が現実になる