image:秒刊SUNDAY

新型コロナウィルスが世界中で猛威を振るっている中、イギリスでは2度目のロックダウンが11月5日から12月2日までの4週間実施されることが発表されました。バーやレストラン、ジムなど社会生活の維持に必要不可欠ではない店舗が閉鎖されますが、そんな中バーガーキングがライバル店であるマクドナルドに粋すぎるツイートをしたのです。

マクドナルドで注文しよう

10月31日にイギリスのジョンソン首相がロックダウンの声明を発表しました。

レストランなどは死活問題となり、ロックダウン前には自分のレストランへ訪れて欲しい・・・。どこのお店もその様に感じて当たり前だと思いますが、イギリスのバーガーキングが「マクドナルドで注文しよう」というツイートを行いました。

「私たちもコレを言うとは思いませんでした。」と、つぶやいており、マクドナルドだけでなくKFC、レオン、タコベル、ピザハット、サブウェイで注文して欲しいとコメントしたのです。

店内飲食が禁止になってしまうので、ファストフードのデリバリーやテイクアウトをして欲しいという切実な願いが込められていました。

ネット上には「ライバル同士でも助け合わないと生き残れないという強い危機感が感じられる。」「100%同意」「誠実なコメントが素晴らしい」とコメントが寄せられており、飲食店の危機感と、ライバル店とも手を組んでこの苦難を乗り越えていこうとする企業の強い意志が感じられるようでした。

しかし、最後の一文に「ワッパーが一番良いけれど、ビッグマックも悪くないよ」とバーガーキングの定番商品であるワッパーをしっかり宣伝するところもユーモアを感じますね。

日本では、バーガーキングからとんでもない新商品が発売されざわつく事態になりました。

source:バーガーキング

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「バーガーキングがマクドナルドに粋すぎるツイート、涙腺崩壊と話題に