image:秒刊SUNDAY

「家系」と付くラーメン屋をよく目にしますが、歴史や系譜などについてはラーメン通でない限りなかなか知り得ないのではないでしょうか。私も全く知りませんでしたので、どんなラーメン屋なのか気になり入ってみました。今回は横浜家系ラーメンの一つ、魂心屋(こんしんや)に行ってきました。私が訪れたのは静岡県の浜松駅から徒歩7分に位置する「はままつ魂心屋」です。

家系ラーメンとは

豚骨醤油ベースで太いストレート麺を特徴とするラーメンで、吉村実氏が神奈川県で1974年にオープンした「吉村家」が発祥とされています。昔、吉村家で修行するドキュメンタリーがテレビで放送されていました。今では放送できないような厳しい指導方法でしたが、吉村氏のラーメンにかける熱意が凄まじかったのを覚えています。

調べたところ今回訪れた魂心屋は、壱系と呼ばれる壱六屋から派生したお店のようで、吉村屋からの直接的な流れはではないようです。店舗は関東から関西にかけて展開しているようです。

はままつ魂心屋

image:秒刊SUNDAY

日曜日のお昼時ということもあり外に列ができていましたが、並んで5分ほどで店内に案内されます。入ってすぐに食券機を発見。その横に「旨辛ラーメン(静岡地区限定)」というポスターがあったので、それと餃子をオーダー。「旨辛ラーメン」は以前レギュラーメニューだったようですが、現在は静岡地区限定復活ということで販売されていいます。

旨辛ラーメンは麺の大盛りが無料とのこと。無料と聞いた瞬間、条件反射でお願いしますと言ってしまいました。あと麺のかたさ、味の濃さ、油の量をお選びくださいと言われ、よく分からなかったので全部普通でお願いしますとオーダー。いずれも「普通」を含め3段階の選択肢があるようです。

image:秒刊SUNDAY

店内を見渡すと若い男子ばかり。高校生から20代前半ぐらいと思われる人々の中におっさんが紛れ込んでしまい、少し焦りましたが特に年齢制限はないようでひと安心。たまたま若い人ばかりだったとは思いますが、かなりこってりとした重たいラーメンが来るのではないかと少し身構えました。

店内は混み合っていましたが、待ち時間も少なくすぐに運ばれてきました。

image:秒刊SUNDAY

こちらが旨辛ラーメン。家系の基本である、海苔、ほうれん草、チャーシューがトッッピングされています。そしてスープが赤くて辛そう。

image:秒刊SUNDAY

まずはスープを飲むとピリッと辛味がきます。おそらく基本の豚骨スープに豆板醤などを入れて仕上げているのではないかと感じました。

image:秒刊SUNDAY

ストレートの太麺はもちもちとして食べ応えがあります。

image:秒刊SUNDAY

餃子も一緒にいただきます。噛むとジューシーな肉汁が口の中で溶けておいしい!ラーメンの辛さと熱さ、夏の暑さで汗ダラダラ、鼻水ダラダラになりながらも夢中でかけこんでいました。

image:秒刊SUNDAY

image:秒刊SUNDAY

食べている途中で気が付いたのですが、麺を頼むとごはんが無料で食べ放題す。食べた後に仕事が待っていたので、麺を大盛りにした上に、ごはんまで食べたら完全にお休みモードに入ってしまうと思い今回は控えました。しかし旨辛ラーメンのスープにごはんは絶対に合うなと後で後悔・・・

家系ラーメンは海外にも進出していていますが、現地での「家系」の呼び方が衝撃でした。

画像掲載元:秒刊SUNDAY

情報提供元:秒刊SUNDAY
記事名:「横浜家系ラーメン、はままつ魂心家で静岡限定旨辛ラーメンを食べてみた