11月に入り、秋も一段と深まってきました。木々が鮮やかに色づくと今年も残りあと数ヶ月……と感慨深くなりますね。さて、秋といえば紅葉ですが、日本全国の観光スポットランキングでも、つねに人気があり、歴史歴建造物が多数ある京都。
民間シンクタンク「ブランド総合研究所」の2017年に実施した「全国の市区町村別の魅力度アンケート」で「魅力度ランキング1位」は「京都」となっています。なかでも「歴史・文化のまち」「学術・芸術のまち」といった項目で、高評価だったようですよ♪
そこで今回は、魅力あふれる「京都の紅葉名所スポットへGO!〈清水寺・祇園エリア編〉」をご紹介したいと思います!
※参考 2017年に実施した全国の市区町村別の魅力度アンケート調べ(民間シンクタンク「ブランド総合研究所」)

京都のお寺といえば、清水寺が有名です!

京都のお寺といえば、清水寺が有名です!


清水寺/京都府京都市東山区

13メートルの高さがある「清水の舞台」。世界遺産として名高い「清水寺」は京都でも屈指の観光名所です。決死の覚悟を表す意味のことわざ「清水の舞台から飛び降りる」はあまりにも有名ですが、江戸時代に願掛けと信じて実際に飛び降りた人も多数いたらしいですよ。
紅葉本番迎えると、境内の約1000本のカエデが赤く染まり、紅葉の海を観賞する多くの観光客で賑わいますが、本堂・舞台から目に飛び込んでくる鮮やかな紅葉とともに、京都タワーや五重塔など京都の街並を一望する見事な眺望を楽しみましょう! さらに11月17日(土)〜12月2日(日)の秋の夜間特別拝観中は夜間ライトアップ。こちらも要チェックですね! 訪れた際には、境内周辺の多数の土産店や飲食店に立ち寄ってみてくださいね!
清水寺
京都府のお天気はこちらから
■所在地/京都市東山区清水1-294
■アクセス/【市バス】バス停「清水道」・「五条坂」下車より徒歩約10分
■紅葉見ごろ/時間/11月下旬~12月上旬/6:00~18:00(季節により変動あり)
秋の夜間特別拝観17:30~21:00
■料金/本堂・舞台  大人 400円 大学生 ・高校生400円 中学生・小学生 200円
秋の夜間特別拝観料400円 ※2017年2月より本堂は修復工事中
※詳しくは音羽山清水寺オフィシャルサイトをご確認ください

晩秋の頃、清水の舞台は鮮やかな紅葉に染まります♪

晩秋の頃、清水の舞台は鮮やかな紅葉に染まります♪


南禅寺/京都府京都市左京区

全長93.2メートル、レンガの花崗岩造り、アーチ型橋脚の水路閣で有名な「南禅寺」は、禅の世界を表わした庭園をはじめ、別名「天下竜門」とも呼ばれ日本三大門のひとつ「三門」など、ロマンチックでフォトジェニックな紅葉スポットです。
境内一の紅葉スポットといえば、燃えるような紅葉が見事な「三門」周辺でしょう。また、普段から坐禅法や写経会も開催されているので、紅葉以外の楽しみ方もさまざまです。
さらに、門前に位置する「総本家ゆどうふ奥丹南禅寺」は、昆布やカツオ節、醤油を使った秘伝の出汁が香る370年以上続く老舗の湯豆腐店です! 紅葉をたっぷり楽しんだ後は、贅沢に老舗の湯豆腐を食すのもおすすめです。
南禅寺
■所在地/京都府京都市左京区南禅寺福地町
■アクセス/【電車】地下鉄東西線「蹴上」駅から徒歩約10分
■紅葉見ごろ/時間/11月中旬~下旬/8:40〜16:30(12月1日~2月28日)
8:40〜17:00(3月1日~11月30日)
■料金/南禅院 一般300円 高校生250円 小中学生150円
※詳しくは南禅寺オフィシャルサイトをご確認ください

南禅寺の水路閣は紅葉スポットとしても有名♪

南禅寺の水路閣は紅葉スポットとしても有名♪


高台寺/京都府京都市東山区

紅葉スポットとして高い人気を誇る「高台寺」は、豊臣秀吉の正室・ねねが秀吉の冥福を祈るために建てた寺院です。境内には表門や開山堂、霊屋と茶室傘亭や時雨亭、観月台など桃山文化を象徴する建築物や庭園があり、見応え抜群!
紅葉シーズンの10月19日(金)~12月9日(日)は夜間特別拝観ができ、境内に植えられた約1000本の色づいた木々が、臥龍池に映り込む風景はとても神秘的!(昨年はプロジェクトマッピングで多くの人を魅了しました)。境内近くの「ねねの道」には、飲食店や雑貨店などたくさんのショップがあるので、立ち寄ってみては?
高台寺
■所在地/京都府京都市東山区高台寺下河原町526
■アクセス/【電車】京阪「祇園四条」駅から徒歩約10分、阪急「河原町」駅から徒歩約15分、JR「京都駅」から徒歩約20分
■紅葉見ごろ/時間/10月中旬~12月上旬/9:00〜17:30
夜間特別拝観(10月19日~12月9日)17:00~21:30
■料金/大人600円 中高生250円
※詳しくは高台寺オフィシャルサイトをご確認ください


哲学の道/京都府京都市左京区

哲学者の西田幾多郎(1870年5月19日〜1945年6月7日)や、経済学者の河上肇(1879年10月20日〜1946年1月30日)が、思いに耽りながら散策したことがその名の由来になった「哲学の道」は、銀閣寺橋から若王子橋へと続く約1.5キロメートルの疎水沿いの散策路です。京都を代表する観光名所の「哲学の道」は、春の桜が有名ですが秋の紅葉もおすすめです!
画像のように秋が深まると散策路と疎水にもみじが舞い落ち、深紅のじゅうたんが敷かれたように。こんなに素敵な散策路だけあって多くの人が訪れますので、ゆっくりと散策したい人は早朝または日が暮れる直前を狙っていきましょう!
哲学の道
■所在地/京都府京都市左京区銀閣寺町付近~若王子町付近の疏水沿い
■アクセス/【市バス】バス停「銀閣寺道」より徒歩約3分
■紅葉見ごろ/時間/11月中旬~12月上旬/自由
■料金/無料
※各施設のイベントやプログラムには要事前予約が必要な場合もありますので、各施設のHPにて最新情報を必ずご事前にご確認のうえ、お出かけください。

赤いじゅうたんが敷かれた哲学の道

赤いじゅうたんが敷かれた哲学の道