ヒルトングループのハイブリッド対応可能なホテルで展開

米国バージニア州--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 先行き不透明な1年を終えた今、ビジネスの世界で明確になりつつあることは、短期的にはハイブリッド型の会議やイベントが重要であるという事実です。従来の「集い、共に祝う」という形から劇的に一変した状況に対応すべく、ヒルトンは「Hilton EventReady Hybrid Solutions」を導入します。当プログラムは、イベント企画者へハイブリッド対応可能なヒルトングループのホテルをご紹介すると共に、詳細なケーススタディ、専門家のアドバイス、ハイブリッド型イベント企画用語集等を追加した「Hilton EventReadyプレイブック拡大版」やその他柔軟なサービスメニュー等、イベント企画に必要な各種リソースを提供します。



Hilton EventReady Hybrid Solutions」の一環として、会議やイベントごとに専属スタッフを設置します。当プログラムの対応ホテルでは、スタッフ向けにハイブリッド型のイベント運営ノウハウ強化のための包括的なトレーニングが実施されます。

ヒルトンのエグゼクティブ・バイス・プレジデント兼チーフ・ブランド・オフィサーであるマーティン・リンクは次のように述べています。 「100年以上にわたり、ヒルトンは変わり続けるお客様のニーズに真摯に耳を傾け、迅速に変革し続けることで、MICE業界を常に牽引してきました。グローバルに展開するホテルへお繋ぎするところから、イベント企画のための幅広いリソース提供やスタッフトレーニングの導入まで、『Hilton EventReady Hybrid Solutions』はお客様に最適かつ総合的なイベント体験を確実にお届けすべく、引き続き卓越したサービスを提供するという当社のコミットメントから導入に至りました」

Hilton EventReady Hybrid Solutions」は、今月より全世界のハイブリッド型の会議やイベントが対応可能なホテルでの導入を開始します。さらに、会場および遠隔地の出席者の両方がシームレスに参加できるハイブリッドミーティング、会場設定、クリエイティブなネットワーキングなど、専門的な情報と厳選したソリューションをご提案する「Hilton EventReady プレイブック拡大版」(英語)も今月から提供します。本プレイブックは、ヒルトングループの全ブランドでご利用いただけます。

ハイブリッド型の会議やイベントが対応可能なホテルは、お客様が小規模なイベントを開催する際に必要な以下の点に着目しています。

  • IT環境の整備:各ホテルが小規模のハイブリッド型イベント開催時に必要とされる、ネットワークの可用帯域幅とホテル内インフラに対する評価基準を満たしています。「ハイブリッド対応可能」とみなされるためには、ホテルは平均的な回線使用率を上回り、最低限の増分帯域幅・可用帯域幅を確保することが求められます。このような基準設定により、ホテル内でのハイブリッド体験を最適化するシームレスな通信と接続性を確保し、同時にバーチャル参加者の会議・イベントへのスムーズなアクセスを可能にします。
  • 複数会場での開催と契約内容の明示:複数のハイブリッド対応可能のヒルトングループのホテルにて対面式のイベント実施も一部可能とし、よりシームレスな契約をご提案します。
  • 「Hilton EventReady プレイブック拡大版」:「Hilton EventReady プレイブック」は全世界でお客様にご利用いただけますが、小規模のハイブリッド型イベントの企画・運営に関しさらに詳しい情報をお求めのお客様のために「ハイブリッド型イベント」セクションを含めています。内容は、お客様のニーズに沿って随時更新されます。

Hilton EventReady Hybrid Solutions」の一環として、Encore社(正式にはPSAV社)は、小規模なハイブリッド型イベントのために設計されたイベント専用テクノロジーパッケージおよびイベント制作における訴求性と効果を高める重要な配信技術や演出機能を搭載したPresentation Stagesを対象ホテルにて提供します。Presentation Stagesのソリューションは簡潔かつ安全なプレビルト式ロケーションより、一般家庭やオフィスで実現可能な品質を大きく超える高品質なオンラインイベントの制作、収録、配信を提供します。イベント用テクノロジーを備えたヒルトングループのホテルでは、2~6名のプレゼンター、および最大50名までの参加が可能です。

Presentation Stagesは現在、コンラッド・フォート・ローダーデール・ビーチヒルトン・アトランタヒルトン・アナトールヒルトン・デンバーザ・ビバリー・ヒルトンでご利用・ご予約が可能です。クリーブランド、ミネアポリス、ニューヨーク、ワシントンD.C.、ヨーロッパ・中東・アフリカ地域でも年内に順次導入予定です。

ハイブリッド対応可能ホテルの一覧等、「Hilton EventReady Hybrid Solutions」についての詳しい情報はmeetings.hilton.com/eventreadyをご覧ください。

ヒルトンについて

ヒルトンは、世界118の国と地域に6,300軒以上(約100万室)のホテルを展開しているホスピタリティ業界のグローバルリーダーです。ヒルトンは、世界で最もおもてなしの心に溢れた企業であることをミッションに掲げ、これまで100年の歴史で30億人以上のお客様をお迎えしました。「2020年版 働きがいのあるグローバル企業 世界ランキング」の上位企業として選ばれ、世界有数のESG(環境、社会、ガバナンス)投資指標である「ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス」で2019年世界的業界リーダーにも選出されました。2020年には、新たな衛生・消毒基準である「ヒルトン・クリーンステイ」を策定し、全世界のホテルで導入しました。また、現在、18のグローバル・ブランド・ポートフォリオを展開しています(日本では、コンラッド・ホテルズ&リゾーツ、ヒルトン・ホテルズ&リゾーツ、ダブルツリーbyヒルトン、キュリオ・コレクションbyヒルトンの4ブランド・17軒のホテルを展開)。また、受賞歴を誇るゲスト・ロイヤルティ・プログラム「ヒルトン・オナーズ」の会員数は1億1000万人以上を有し、ヒルトンの公認予約チャネル経由で直接予約したヒルトン・オナーズ会員は、客室を自分で選択できるデジタル・チェックイン、デジタル・キー(日本国内では一部のホテルでデジタル・キーのご利用が可能ですが、事前にフロントでチェックイン手続きをする必要があります)、コネクテッドルーム(日本では未導入)を会員登録直後からご利用いただけます。

最新の情報はこちらをご覧ください。http://newsroom.hilton.com, https://www.facebook.com/hiltonnewsroom, https://twitter.com/hiltonnewsroom, https://www.linkedin.com/company/hilton, https://www.instagram.com/hiltonnewsroom/, https://www.youtube.com/hiltonnewsroom


Contacts

【報道関係者からのお問い合わせ先】
ヒルトン日本・韓国・ミクロネシア地区
コミュニケーションズ
尾上恵美子
E-mail: Press_Office_JKM@hilton.com

情報提供元:
記事名:「ヒルトン、需要増が見込まれる2021年に向け 会議・イベント企画のための「Hilton EventReady Hybrid Solutions」を全世界で導入