火災保険の無料調査とは?火災保険申請サポート「ミエルモ」を利用するメリット、デメリット

昨今、自然災害による損害で火災保険の申請を行い保険金を受け取る方が増えています。

火災保険は火事だけではなく積雪や台風など自然災害によって生じた損害も幅広くカバーする保険だからです。実際に、保険申請を行うことで保険金を受け取る事例も多くあります。

いざ、自分で申請をしようと申請方法を調べると目につくのが「あなたのお家を無料調査します」といったキャッチコピーです。

このような火災保険の無料調査とは、どのようなサービスなのか、このようなサービスを利用するメリット、デメリットについて解説していきます。

 

火災保険の無料調査とは

火災保険の無料調査とは、ご自宅などの建物を調査し、火災保険の申請ができる損害があるかを無料で調査するサービスです。

火災保険は、一見すると「火災」の損害しか補償されないように見えますが、実は、積雪や台風などの自然災害によって生じた損害も補償してくれる心強い保険です。

特に、近年は大型台風や積雪による損害が毎年発生しており、火災保険への注目度が年々高まっています。

火災保険の申請をする場合、最初に自然災害による損害が発生しているのかを調べる必要があります。そのような調査を行ってくれるのが火災保険の無料調査です。

 

火災保険の申請には業者のサポートが必要

火災保険の申請手続きでは、自然災害によって損害が発生したことを証明する書類を保険会社に提出する必要があります。

手続き書類の作成は、ご自身で行うこともできますが、素人による申請の場合、給付額が少なくなることもあり、最悪の場合、まったく保険が下りないケースもあります。

というのも、火災保険の申請手続きでは、損害箇所の調査報告書、損害箇所の詳細な写真、修理や工事にかかる詳細な見積書が必要になるためです。

屋根など見えにくい場所も含め自然災害によって発生した損害を漏れなく発見することは素人には困難です。また、修理にいくらかかるかは業者でなければ答えることはできません。

火災保険申請サポート「ミエルモ」では、詳細な建物調査を行い、被害箇所を正しく特定するとともに、図面、見積、説明資料を作成して申請。保険会社から指摘事項への対応も行い、保険金を受けられるようにサポートします。

 

保険金受け取りまでの5つのステップ

火災保険の申請から保険金を受け取るまでには5つのステップがあります。必要な手続きと申請の流れは次のようになります。

建物の損害状況を調査
建物に損害があるかどうかを調査します。損害状況の調査では、請求漏れが発生しないよう、損害箇所を正確に把握することが重要です。
保険会社に電話をして申請書類を取り寄せ
調査で損害が発生している場合は、保険会社に電話をして申請書類を取り寄せることになります。
見積もり・報告書などを保険会社に提出
書類が到着次第、損害箇所の調査報告書、損害箇所の詳細な写真、修理や工事にかかる見積書を準備し、保険会社に提出します。
保険会社が審査を行う
提出書類をもとに、保険会社が審査を行います。保険会社から依頼された鑑定人が現地を調査することもあり、指摘事項への対応が必要な場合もあります。
認定されたら入金される
必要書類や現地調査の結果などから保険会社で査定が行われ、保険金の支払いが決定すれば、保険金が指定口座に振り込まれます。

火災保険申請サポート「ミエルモ」を利用した場合は、「②保険会社に電話をして申請書類を取り寄せ」と「③見積もり・報告書などを保険会社に提出」のみで手続きは完了です。

それ以外の難しい書類の準備は「ミエルモ」が代わりに用意するため、簡単に手続きを済ますことができます。

 

火災保険申請サポートを利用するメリット

損害箇所を正確に把握し、請求漏れが発生しない
火災保険の申請を熟知したプロが申請手続きを行うことから、被害箇所を正確に特定し請求漏れなく保証金を受け取ることができます。
面倒な申請手続きが不要に
損害箇所の調査報告書、損害箇所の詳細な写真、修繕見積書など面倒な書類作成を代行するため、面倒手続きなく申請することができます。
修理して余ったお金を自由に使える
保険金は、必ず修理に使わなければならないという制約はありません。使わずに残しておいても問題はないのです。

火災保険申請サポートを利用するデメリット

保険が認定されると、成果報酬として手数料を払いが必要
保険金が下りなかった場合は交通費・建物調査・資料作成など費用は全て無料ですが、保険金が受け取れた場合、成果報酬として手数料が発生します。
業者選びを間違えるとトラブルに発展する場合も
リフォーム工事必須の火災保険申請会社では、工事代を大幅に下回る金額しか保険金が下りず、工事代の大部分を自己負担することになるといったトラブルも。

ミエルモ」は火災保険申請のみに特化した専門会社のため、リフォーム工事の提案は一切ありません。また、成果報酬制のため成果が出ていないのに報酬だけ発生するという心配はなく、面倒な手続きをお任せできます。

 

火災保険の「申請代行」に注意!「申請サポート」との違いとは

近年、自然災害による被害が増加している中、リフォーム工事と一緒に火災保険の申請代行業者とのトラブルが増えています。

保険会社は規約で「保険金請求は被保険者(契約者)がしなければならない」と定めているため、第三者が代行する申請代行は契約違反に当たります。

第三者が申請したものだと発覚した場合、重大な契約違反となり、保険金が支払われなかったり、最悪の場合は保険契約の解除ということになる可能性もあるのです。

一方で、火災保険の「申請サポート」は、第三者が代行する「申請代行」とは異なり、あくまでもサポートするだけにとどまり、火災保険の申請自体は被保険者(契約者)が行うことになります。

火災保険申請サポート「ミエルモ」であれば、法律違反にも契約違反にも当たらず、問題なく火災保険を使うことができます。

 

今なら、無料調査キャンペーン実施中!

ミエルモ」なら調査費は無料。保険金が下りなかった場合は、交通費・建物調査・資料作成など費用は全て無料になる成果報酬制です。

火災保険の豊富な申請実績を生かし被害箇所を正確に特定することで、高い給付金を実現できています。

過去 3 年間に火災保険の申請をしていない方の場合は、かなりの保険金を貰い損ねている可能性すらあります。まずは、無料相談から始められます。

情報提供元:Airstair
記事名:「火災保険の無料調査とは?火災保険申請サポート「ミエルモ」を利用するメリット、デメリット