ボーイング737-800BCF

BBAMは、ボーイング737-800BCFを最大12機発注した。

内訳は、6機が確定発注、残り6機がオプション。これにより、BBAMによるボーイング737-800BCFの発注は、オプションを含めて15機となった。

ボーイング737-800BCFは、ボーイング737-800型機を旅客機から貨物機へと改修した機材。BCFは「ボーイング・コンバーテッド・フレーター」の略で、最大積載容量は23.9トン、航続距離は3,750キロ。これまでに150機以上の発注を受けている。

BBAMはサンフランシスコに本社を置き、50ヶ国以上の200社以上に対し、航空機のリースやファイナンスソリューションを提供している。東京、シンガポール、チューリッヒ、ダブリン、サンティアゴに拠点を置き、150人以上の専門家が働いている。

情報提供元:Traicy
記事名:「BBAM、ボーイング737-800BCFを最大12機発注