東海道新幹線

JR東海は、緊急事態宣言の発令を受け、東海道新幹線の運転計画を見直す。

1月18日から2月28日まで、すべての臨時列車の運転を取りやめる。定期列車については今後も運転を継続する。これにより、期間中の一日あたりの平均列車本数は、345本から309本に減少する。

運休する列車のきっぷを変更する場合、駅窓口で当日の他の列車への変更を受け付ける。エクスプレス予約・スマートEX等では、自身での変更操作を求める。「EX早特」など、席数に制限がある商品で、発売期間を経過したり、すでに満席となっていて変更操作を行えない場合は、カスタマーセンターで変更を受け付ける。

運休する列車のきっぷを持っていて、旅行を取りやめる場合は、運賃・料金を手数料なしで払い戻す。エクスプレス予約・スマートEX利用者には、予約していた列車の出発時刻前までに自身での払い戻し操作を求める。旅行商品など一部のきっぷについては、駅での取り扱いができない場合があり、購入元への問い合わせを求める。

情報提供元:Traicy
記事名:「東海道新幹線、1月18日から2月28日まですべての臨時列車の運転取りやめ