アウディのプレミアム ミドルSUVとして人気の高いQ5にクーペ風シルエットを与えられたQ5 スポーツバックが仲間入りし、このほど日本上陸を果たした。価格は729万円からスタートで、導入記念限定モデル(230台)の「1st edition」、そしてハイパフォーマンス仕様の「SQ5スポーツバック」も同時に発表された。発売は2021年8月17日となる。

354ps&500NmのSQ5スポーツバックも同時発表

7月14日に日本で初披露されたアウディQ5スポーツバックは、ミドルクラスのプレミアムSUVとして人気を博しているアウディQ5に新たに追加されたクーペスタイルのスポーティなキャラクターと高い実用性を兼ね備えたモデルだ。A5スポーツバックやA7スポーツバックで定評ある流麗なルーフデザインをSUVモデルに投影したもので、e-tronスポーツバックやQ3スポーツバックに続く、SUVでは3番目のSportbackモデルとなる。

エクステリアはQ5のデザインコンセプトを踏襲しながらも、シングルフレームグリルやルーフ、 前後バンパーなどを専用デザインとすることでスポーツバックならではのスタイリングを際立たせている。



ラインナップはadvancedとS lineの2グレード構成で、advancedはQ8が採用しているグリッド形状のグリルにマットアルミルックの力強い垂直ラインを採用。さらに魅力を高めるオプションとして、マトリクス LED ヘッドライトや 19 インチアルミホイールなどを含む plusパッケ ージが用意される。S lineはスポーツライン専用のアルミニウムルックインサート付ハニカムメッシュグリルとなり、マトリクス LED ヘッドライトを標準装備。前後の LED ライトにはダイナミックインディケーターを内蔵する。また両グレードともにQ5には備わっていたルーフレールが省かれ、よりスポーティさを強調している。

発表会に登壇したアウディ ジャパンのフィリップ・ノアック社長。3年間の赴任を終えてドイツ本社に異動するとのことで、今回が日本で社長として公の場に姿を見せる最後の機会となった。

パワートレインは2.0L直列 4 気筒直噴ターボディーゼルエンジン(TDI)にベルト駆動式オルタネータースターター(BAS)と12Vリチウムイオンバッテリーを用いたマイルドハイブリッドシステム(MHEV) を組み合わせる。最高出力は204psで、最大トルクは400Nmだ。



トランスミッションは7速Sトロニック(DCT)で、4輪を駆動するクワトロシステムを採用する。



また、システムが 4WD 走行を不要と判断したときには、AWDクラッチの働きでプロペラシャフトを、そしてリヤデファレンシャル内のデカップリングクラッチによりリヤドライブシャフトを、それぞれ切り離すことで前輪駆動状態となる。さらにコースティング(惰力走行)時にはエンジンを完全停止して燃費の向上に寄与する。

Q5スポーツバックに採用された新テクノロジーとしては、後続車へのアラート機能をもつマトリクスOLED リヤライトが挙げられる。



これは Q5スポーツバック40 TDI 1st edition と SQ5 Sportback に標準装備されるもので、停車中に後続車が2m以内 に近づくと超音波センサーが探知し、リヤのLEDライトがすべてのセグメントを点灯させて後続車のドライバーに注意を促すもの。

ボディサイズはQ5と比べて、全長+15mm、全高−5mm、全幅は同寸で、クーペスタイリングにもかかわらずリヤの居住空間の減少はほとんどないという。

そして高性能バージョンであるSQ5スポーツバックは、アルミニウムルックインサートを施したSモデル専用のハニカムメッシュシングルフレームグリルを採用。



シート素材はダイナミカ/レザーのコンビネーションを標準装備とし、オプションのレザーパッケージを選択すると、ダイヤ モンドステッチ付きのレザーとなる。左ハンドル仕様も選択可能だ。



パワートレインは最高出力354ps、最大トルク500Nm を発揮する 3.0LのV6ターボエンジン(TFSI)に8速ティプトロニック(AT)を組み合わせる。機械式センターディファレンシャルを搭載する四輪駆動システムと、ダンピングコントロール機能付き S スポーツサスペンションにより、ダイナミックなハンドリング性能と上質な乗り心地の両立を実現しているという。

Q5スポーツバックの導入を記念して発売される限定車「1st edition」は、40 TDI quattro S line をベースとして、マトリクスOLED リヤライトを特別装備。さらにコントラストペイントやコントラストカラーの 20 インチホイール、ダンピングコントロー ル付きサスペンション、ファインナッパレザーなどを採用する。コミュニケーションカラーのウルトラブルーメタリックが130台、グレイシアホワイトメタリックが100台、計230台の限定販売となる。

ラゲッジスペースの容量はQ5 の520L(5名乗車時)/1520L(2名乗車時)に対して510L/1480Lとほとんど遜色がない。
リヤシートは4:2:4の分割可倒式。スクエアな形状で使いやすそうだ。天地の距離がQ5に対してやや劣るが面積はほぼ変わりがない。

情報提供元 : MotorFan
記事名:「 アウディのSUVクーペ「Audi Q5 Sportback(スポーツバック)」日本上陸! 価格は729万円から