4月22日、グループPSAジャパンは、プジョーの208/e-208、2008/e-2008、3008、5008、リフター、シトロエンのC5エアクロスSUV、ベルランゴに対応するBEWITH製プレミアムスピーカーキット「BEWITH Platinum Voice」(ビーウィズ プラチナボイス)に、新たにリヤ専用モデル2機種(標準タイプ/薄型タイプ)を追加し、純正ディーラーオプションとして全国のプジョー/シトロエン正規ディーラーにて販売すると発表した。税込価格は8万8000円(取付工賃別)だ。

「ビーウィズ プラチナボイス」はフロントスピーカー交換のみでも本格的なHi-Fiサウンドが楽しる設計だが、今回発売のリヤスピーカーを追加すれば後席での音の明瞭度がさらに向上

「ビーウィズ プラチナボイス」は、プジョー/シトロエンのために開発された純正交換型プレミアムスピーカーキット。すでに車両購入済みの方も各正規ディーラーにて後付けが可能だ。



今回追加するリヤ専用モデルは、「ビーウィズ プラチナボイス」のフロント専用モデルと組み合わせて使用する製品。取付奥行寸法69mmの標準タイプ(AM165P83またはAM165K93)と同40mmの薄型タイプ(AM165K93)の2種類が設定され、「ビーウィズ プラチナボイス」のフロント専用モデルが設定されているプジョー/シトロエン全車種に対応する。

プジョーは上記の5車種に対応

シトロエンは上記2車種に対応

スピーカーユニットにはフロント専用モデルと同じく、国内外のカーオーディオ愛好家から高い評価を得るコンポーネント・カースピーカー「Reference AM」(リファレンス エーエム)シリーズの16.5cmウーファーが採用され、車両への穴開け加工を行うことなく純正オプション感覚で取り付けることができる。

写真はプジョーの208/e-208、2008/e-2008、3008、5008に対応するリア用標準タイプ AM165P83

「ビーウィズ プラチナボイス」はフロントスピーカー交換のみでも本格的なHi-Fiサウンドが楽しめるよう設計されているが、今回発売のリヤスピーカーを追加することにより、後席での音の明瞭度がさらに向上する。とくにフロント側に薄型ウーファーを採用するプジョー・リフター/シトロエン・ベルランゴでは、フロントスピーカーだけでは再現しにくい音の量感や包囲感もいっそう高まり、リアリティあふれる本格的なサウンドが楽しめるようになる。

写真はプジョー・リフター/シトロエン・ベルランゴに対応するリア用薄型タイプ AM165K93

●プジョー向け純正交換型プレミアムスピーカーキット「ビーウィズ プラチナボイス」リヤ専用モデル対応車種

【標準タイプ対応車種】

・208/e-208(2020年7月〜)

・2008/e-2008(2020年9月〜)

・3008(2017年3月〜)

・5008(2017年4月〜)

【薄型タイプ対応車種】

・プジョー・リフター(2019年10月〜)
●シトロエン向け純正交換型プレミアムスピーカーキット「ビーウィズ プラチナボイス」リヤ専用モデル対応車種

【標準タイプ対応車種】

・C5エアクロスSUV(2019年5月〜)

【薄型タイプ対応車種】

・ベルランゴ(2019年秋〜)

情報提供元 : MotorFan
記事名:「 プジョー&シトロエンの一部車種にBEWITH製リヤ用スピーカーが純正ディーラーオプションとして追加!