4月15日、ダイムラーはメルセデス・ベンツの新型ピュアEV「EQS」を世界初公開した。

空気抵抗係数(Cd値)0.20を実現するエネルギー効率を追求したスタイリングで登場

EQSは、メルセデス・ベンツの新世代電動化モデルに与えられたサブブランド「EQ」シリーズの最新作。すでに登場している「EQC」や「EQV」、「EQA」に続く第4のピュアEVで、メルセデス・ベンツが新たに開発したラグジュアリーEV向けのモジュラープラットフォームを用いた最初のモデルとなる。ボディサイズは全長5216×全幅1926×全高1512mmで、ホイールベースは3210mm。

まず設定されたのは「EQS 450+」と「EQS 580 4MATIC」の2モデル。「EQS 450+」は245kW(約333ps)/568Nmを発揮するモーターをリヤに搭載し、6.2秒の0-100km/h加速を実現。一方「EQS 580 4MATIC」には、合計で385kW(約523ps)/855Nmを引き出すモーターを前後に搭載し、4.3秒の0-100km/h加速を実現。最高速はいずれも210km/hと発表された。バッテリー容量は107.8kWhで、最大770kmの航続距離を誇る。

スタイリングは、Cd値0.20という優れた空気抵抗係数を実現していることからもわかるように、エネルギー効率を追求したフォルムを描く。ブラックパネルのフロントグリルや前後ライトといったディテールは、これまで発表されてきたピュアEVと共通するイメージが与えられている。

インテリアでは、このEQSに初めてオプション設定され「MBUXハイパースクリーン」が特徴的だ。対話型インフォテイメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)」は、12.3インチのドライバーディスプレイ、17.7インチのセンターディスプレイ、そして12.3インチの助手席ディスプレイと、3つのディスプレイをシームレスに統合し、あたかもダッシュボードいっぱいにディスプレイが広がる超ワイドスクリーンを組み合わせることで、より直感的に、かつエモーショナルなデジタル体験を提供する。



湾曲したこの超ワイドスクリーンの全幅は141cmにおよび、2432.11㎠の有効面積を誇る。スクリーンの下部にはアンビエントライトが組み込まれており、インパネからスクリーンが浮き上がっているように見え、未来感を漂わせる。

MBUXは、マッサージプログラムをはじめとする20以上の機能がAI(人工知能)を活用することで、乗員に自動的に提案するなど、最新のシステムを採用しており、後席用ディスプレイとの連携も可能だ。

このほか、全長5mを超えるボディながら、最小回転半径が最高で5.45mを実現する後輪操舵システム「リヤアクスルステアリング」や、自車の前方路面に警告記号などを投影できる革新的なヘッドランプテクノロジー「デジタルライト」、スマートフォンの操作で駐車ができる「リモートパーキングアシスト」、一定条件下での自動運転を実現する「ドライブ・パイロット」など、最先端技術の惜しみない採用も特徴だ。

情報提供元 : MotorFan
記事名:「 メルセデス・ベンツが新型ラグジュアリーEV「EQS」を世界初公開! 航続距離は最大770kmを実現