吾輩は1986年の生まれスズキ・ジムニーである。今回はスノーピーク製の日除け用、風よけ用のタープを改造しようと考えた。少し古めのタープなのであるが、生地はしっかりしておりカラーも良い。改造して地面にタープを直接打つ箇所を増やす。ポールの数を増やして多角形の張り方も可能となり、居住スペースの拡大も期待できる。きっとスタイリッシュなキャンプシーンになるはずだ。「鶏肉の赤ワイン煮」も作ってみる。



TEXT & PHOTO◎伊倉道男(IKURA Michio)

長方形のタープにハトメを追加。純正の収縮ポール2本にポールを1本足して多角形に張る。反対側は風よけのためにタープをペグで地面に直止め。ハトメの数が多くなれば自由な張り方が可能。夏なら奥にキャンピングベッドで充分快適なスペースを確保。

吾輩はスズキ・ジムニーである。1986年の生まれで、型式はM-JA71Cだ。金属のルーフもエアコンもない、切替え式のパートタイムの四輪駆動車である。錆も進み、あちこちがへこんでいるので、ゆっくりと余生を送ろうとしていたが、週に1回、旅に出る事となる。

吾輩の身体はあちこちに便利なグッツを追加され、シートやステアリングも換えられている。フロントのバンパーは、どうもスズキ・ジムニー用のパーツではなく、軽バンから流用された樹脂製のようなのだ。もう少し資金を掛けてもらいたいが、まぁ仕方がない。



だが、このお金を掛けない改造は吾輩だけに留まらず、愉快な仲間達にも、当然ながらキャンプ用品にも及んでいることが多い。使いやすくするために、改造されてしまうのだが、失敗してゴミとして捨てられた仲間も数多くいる。生き残るのは大変なのだ。

ハトメ道具一式とインシュロック(結束バンド)。どちらもサイズは多いので使いやすいものを選ぶ。ハトメは2色用意。インシュロック(結束バンド)は20cmハトメは12mmのものを使用。

織りのナイロンテープ。幅は20mm。
織りのナイロンテープにポンチで穴を開ける。ほつれ防止にライター等で切り口を溶かす。やけどに注意。

今回は日除け用、風よけ用のタープが改造された。少し古めのタープなのであるが、生地はしっかりしておりカラーも良い。だが、ハトメの部分が各コーナーにひとつ、合計4カ所しかないのだ。これだと張る形が限定されるので、ハトメの数を増やされることとなる。



この改造により、地面にタープを直接打つ箇所も増え、風の侵入を防げる。またポールの数を増やして多角形の張り方も可能となり、居住スペースの拡大も期待できる。何よりも魅力的なのは、スタイリッシュなキャンプシーンになるはずということだ。まぁ、穴を開けられるわけだから、小手術と言えどもタープにとっては命懸けの作業となる。

タープにハトメをかしめる。2色用意した理由はタープのどの位置なのかをわかりやすくするため。タープの中心部にはゴールド、中間地点にはシルバーを使う。

タープとペグの間にインシュロック(結束バンド)を入れる。タープのたるみやしわが気になる時はインシュロック(結束バンド)を締めてやる。

スノーピーク製のこのタープはさすがにハトメが丈夫にできている。これと同じ強度を手作業ではできないけれど、単に穴をあけてハトメを入れるだけでは強風に耐えられるとは思えない。そこで使いやすくナイロンの織りテープをループ状にして挟み込み、使い勝手と強度を増すことにする。このナイロンのループにインシュロック(結束バンド)を追加する事で、タープの張りが少ない場合、「キュッ」とインシュロック(結束バンド)を締めてやることで微調整も可能となる。本来、インシュロック(結束バンド)は使い捨てだが、解除の仕方もキャプションに入れておいたので、ご覧頂けるとありがたい。また、インシュロック(結束バンド)を繋いで長くして使う方法もあるので、お読み頂いている皆さんはご存知かと思うけれど、確認のためにでもぜひ。

インシュロック(結束バンド)は使い捨てではあるが、後ろからマイナスドライバーを入れてロックを解除することができる。ドライバーを強く入れすぎるとロックが効かなくなることもあるので、自己責任で慎重に。

インシュロック(結束バンド)は長さが足らない時は同じ物なら繋げて使用する。タープの場合は長くすると地表面とタープの隙間が増える。

じつはこのインシュロック(結束バンド)は吾輩のラゲッジルームにも数カ所リング状に設置されている。キャンプグッズを固定するネットやロープを掛けるためだ。アウトドアとインドアは線を引いてグッズを分けて考えてしまいがちだが、普段身の回りにある物を利用すると撤収する時間も短くできる。



まぁ、クルマ好きは改造好きが多いから、きっと色々なアイデアを持っていると思う。改造は失敗もともなうことが多いけれど、上手くいった時はたまらない。よくできた既製品は素晴らしい。だが、アウトドアって足らなくて当たり前。そこをなんとかするのがアウトドアの大きな楽しみのひとつでもあるのだ。

ペグの種類は素材や長さなど数多く存在する。何が良いと言うことではなく、どんな地面に使うかで選ぶ。状況に応じてペグを使わずに立ち木や大きめの石を利用するほうが良い場合もある。砂浜では砂袋を用意して埋めて使ったり、ペグを数本縛り開いて表面積を増やして砂に埋めるやり方もある。

ー吾輩はスズキ・ジムニーである。型式はM-JA71C。名前はまだないー

See you next week!! その前に次ページの「鶏の赤ワイン煮」の作り方をどうぞ

今回は「鶏のワイン煮」に挑戦。コラーゲンがたっぷり。

鶏肉の手羽元24本。もも肉1パックを使う。人参2本、玉ネギ2個。ホワイトマッシュルーム2パック、芽キャベツ。

調味料はワイン1本、コンソメ、ローリエ、塩、胡椒、オリーブオイル、蜂蜜、薄力粉。 シンプルなワイン煮を楽しむならワインは2本。写真にはないが、赤ワイン1本なら薄味となるので、ウスターソース、醤油で味を整える。

手羽元、もも肉に塩胡椒をたっぷりと。

塩胡椒のあとに薄力粉をまぶす。

フライパンで手羽元、もも肉を焦げ目が付くまで焼く。

鍋に手羽元、もも肉を入れる。

玉ネギ、人参は溶けてしまわないように大きめに切る。大きいマッシュルームは食べやすい大きさに切る。

カットした野菜を鍋に入れる。

コンソメの素を大さじ3ほど。

甘めのワインを選び1本入れる。シンプルなワイン煮を楽しむなら2本。

食材が浸かるまで水を足す。

芽キャベツは溶けやすいので、後から入れてやる。

芽キャベツは溶けやすいので、後から入れてやる。

1時間ほど煮込む。味見をして薄味と感じたらウスターソースや醤油でお好みに整える。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 「吾輩は1986年の生まれスズキ・ジムニーである。今回はスノーピーク製のタープを改造しようと考えた」【スズキ・ジムニーでアウトドアへ 】