国内で2019年度に売れた輸入乗用車(外国メーカー車)は約29万台。その多くがメルセデス・ベンツ、フォルクワーゲン、BMW(BMW MINI)、アウディといったドイツ車であることはご存知の通りだ。そのなかでも人気なのが、VWゴルフ、BMW MINI、メルセデス・ベンツCクラス、BMW3シリーズといった「定番モデル」である。JAIAのデータから2006-2019年度の販売台数TOP10を振り返ると、「輸入車栄枯盛衰」が浮かび上がってくる。(データはJAIA グラフ作成・MF編集部)

まずは、2006年度から2010年度

王者VWゴルフが盤石な態勢を築いていたのがこの時期。BMW3シリーズの販売実績もかなり良いが、ゴルフの牙城には迫れなかった。2008年、2009年、2010年はリーマンショックの影響で販売台数そのものがかなり減少している。輸入乗用車(外国メーカー車)も2003-2006年が約24.5万台(年間)だったのが、2009年には15.9万台まで落ち込んでいる。にもかかわらずゴルフは販売台数をキープできていた。王者たるゆえんである。

日本でも人気が高かったのはこの時期の3シリーズだ。

2011-2015年度

首位をキープできたのは、ゴルフ6までだった。

ここでも強さを見せたのがゴルフ。2位はメルセデス・ベンツCクラス、BMW3シリーズ、BMW MINI、VWポロが入れ替わり立ち替わり入ってきたが、首位のゴルフに肉薄できた年はない。

2016年度〜

根強い人気を誇るBMW MINI

2016年度、ゴルフから首位の座を奪ったのがBMW MINIである。さまざまな車型を擁するMINIシリーズでの数字だが、MINIブランドの根強い人気がわかる。と、同時に、モデルチェンジを果たしたゴルフ7が、それ以前のゴルフ5、6のような支持を集められなかった……とも言える。より効率的なクルマ作りのために導入したMQBは、それ以前のPQ35ベースのゴルフより販売台数を落としてしまった。これは、SUV/クロスオーバー人気でゴルフの購買層そのものが減ってしまったから、という可能性もある。MQBベースの次期ゴルフ(ゴルフ8)がヒットするか、注目だ。

日本導入も迫ってきた(2021年初頭?〕ゴルフ8。王座奪還なるか?

TOP10の推移を俯瞰してみよう。

まずは、これをみてほしい。2006年度〜2019年度のTOP10をひとつの表にまとめたものだ。



上位モデルを色分けして人気の推移を追ってみる。

前述したように、首位の座はゴルフからMINIへ移っている。それでもゴルフは3位以下に落ちたことはない。それに対してBMW3シリーズは、TOP10から落ちたことはないが、4位〜7位あたりが定位置になってしまった。セダン人気が低いから、という分析もできるが、ライバルであるメルセデス・ベンツCクラスは、ここ数年3位の座をがっちりキープしている。

今度は、メーカー別に色分けしてみた。

緑:VW(薄緑)アウディ

青:BMW/BMW MINI

灰:メルセデス・ベンツ

である。

黄色は、「非ドイツ車」を表している。こうしてみると、ボルボの躍進がひと目でわかる。ここ数年の40シリーズ、60シリーズはセールス好調だ。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 日本の輸入車市場の栄枯盛衰 2006〜2019年度年間TOP10の推移を見る。主役はVWゴルフ、MINI、BMW3シリーズ、メルセデス・ベンツCクラス