7月31日、日産自動車と神奈川日産自動車、日産サティオ湘南、日産プリンス神奈川販売は、小田原市が掲げるSDGsの達成に向けた電気自動車活用について連携すると発表した。

日産自動車が締結した自治体・企業との災害連携協定としては全国で49件目

 2019年7月、小田原市は『人と人とのつながりによる「いのちを守り育てる地域自給圏」の創造』をスローガンとし、SDGs未来都市に選定された。この取り組みはSDGs未来都市のなかでも特に先導的な取り組みである「自治体SDGsモデル事業」にも選定されている。また、同年10月には、小田原市、株式会社REXEVおよび湘南電力株式会社にて、「小田原市 EV を活用した地域エネルギーマネジメントモデル事業」を開始。日産リーフを含む100台のEVカーシェアを活用した脱炭素型の地域交通モデル構築と、レジリエンスの強化に努めている。



 一方、日産自動車は、日本が抱える環境負荷低減や災害対策等の課題を解決するため、2018年5月に日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」を発表し、その活動を牽引するリーダーとして、全国の自治体や企業と協力して、電気自動車普及を通じた社会の変革に積極的に取り組んでいる。

 小田原市が推進するSDGsの取り組みと日産自動車が推進する「ブルー・スイッチ」活動に互いが賛同し、日産の販売会社である神奈川日産、日産サティオ湘南、日産プリンス神奈川とともに、今回の電気自動車の活用連携を発表する運びとなった。連携の概要は以下のとおり。

【協定の概要】

同協定では、EVの蓄電機能を活用し災害時の電力供給体制を強化、また平時にはリモートオフィスやワーケーションなど新たなライフスタイルにおけるEV活用など、持続可能な地域社会、SDGsの達成に向け、以下の取り組みを行う。



・小田原市は脱炭素型地域交通モデルに関する平時のEV活用の多様化(地域エネルギーバランスの調整機能、電力インフラの補完機能)の取り組みを活かし、日産自動車とともにワーケーションなど新たなライフスタイルへのEVの有効性等を市民へ積極的に発信する。

・小田原市で災害を起因とする停電が発生した際、市が指定する避難所に、神奈川日産、日産サティオ湘南、日産プリンス神奈川の店舗に配備している日産リーフ試乗車を無償で貸与する。

・小田原市、日産自動車、神奈川日産、日産サティオ湘南、日産プリンス神奈川の連携により「走る蓄電池」であるEVからの給電を行うことで、災害時においても継続して電力が供給できる体制を整え、避難所の円滑な運営を図り、市民の生命および身体の安全を守る。

 小田原市は、公用車としてすでに「日産リーフ」を2台導入しており、今後もさらなる EV普及・促進の取り組みを推進し、同時に防災力向上にも努めていく。



 日産自動車は、人々の生活を豊かに、というビジョンのもと、「ニッサン インテリジェント モビリティ」を推進し、独自性にあふれ、革新的なクルマやサービスをお届けすると共に、「ゼロ・エミッション(排出ガスゼロ)」、「ゼロ・フェイタリティ(交通事故による死亡・重傷者数ゼロ)」に取り組んでいる。そして、「ブルー・スイッチ」の推進に加え、EVというクルマの販売にとどまらず、EVがもたらす豊かな生活の実現、そしてEVが成し得る社会変革のために、EVの生み出す新たな価値を世界に発信し続け、よりよい社会づくりへの貢献を目指している。



 今回の「災害連携協定」は、日産のブルー・スイッチの活動に基づくものであり、日産自動車が締結した自治体・企業との災害連携協定としては、全国で49件目となる。



 小田原市と日産自動車は、今後もこの協定締結を機に、平時と災害発生時両面でのEV活用を推進していく。そして、EV普及を通じた地域課題の解決に向けて、さらに連携を強化していく方針だ。

情報提供元:MotorFan
記事名:「 日産自動車が小田原市(神奈川県)と持続可能な地域社会、SDGsに達成に向けた連携を発表。EVの蓄電機能を活用し電力供給体制を強化