輸入車では定番化!?
クロームデリート

メッキ部分をなくす=クロームデリート。高級スポーツカーや輸入車に乗るオーナーの間では、早くから注目されていたカスタム。今後人気メニューとして定着の予感大!?
脱メッキ クローム クロームデリート カスタム


ハイエンドなクルマほど脱メッキの動きが目立つ
クロームデリート。言葉としては新鮮な響きだが、カスタムメニューの選択肢としては以前からあったメニューの一つ。しかし最近は高級感=メッキの輝き、という図式が大きくクローズアップされ、メッキパーツを増やすことがトレンドとして定着していた。一方で、高級スポーツカーや輸入車の世界では、メッキよりもブラックコーディネイトがハイエンドの象徴として注目されている。

「国産車の場合、高級車といえばメッキパーツというイメージが依然から強くあります。アルファード&ヴェルファイアはもちろんですが、過去を遡ればクラウンなどもそうだったと思います。キラッと輝くあの質感、多くの人が憧れたと思います。ですが、高級スポーツカーや輸入車ではメッキの輝きよりも、どちらかというとブラックカラーがトレンド。ベンツのAMGが特別仕様車として販売したナイトエディションは、内外装フルブラックという出で立ち。ハイクラスなクルマほど、脱メッキの動きが目立つように感じます」とプロショップ・ベイビィアイズの中島さん。

実際メッキパーツをブラックアウトするオーダーが増えており、その手法はボディラッピングが主流だという。

「輸入車に乗る方達は、新車購入後にすぐラッピングするという方が増えています。これはカスタムという意味もありますが、ボディを傷つけないために施工するという目的があります。ボディ表面をフィルムで包むラッピングは、飛び石などによる傷や日焼けなどの経年劣化が抑えられます。そしてフィルムを剥がせば元通りに戻せますので、リセールバリューも高い。輸入車の場合、フルラッピングを希望される方が多いのですが、人気はマット系カラーをベースに、元々メッキの部分をブラックアウトする組み合わせ。派手に目立ちたいというよりも、高級感があり大人っぽい仕上がりを望まれているように感じます。また部分的な施工で多いのがウインドウガーニッシュ。輸入車の場合、経年劣化で必ずと言っていいほど雨ジミができてしまいます。これを元通りに戻すことが非常に難しいので、ラッピングでブラックアウトし隠すという方が増えています。メッキのような質感を残したいという人は、透明なプロテクションフィルムを最初に貼ってしまうという方もいらっしゃいます。塗装やパネルを貼り付けよりもコスト的には少々高いかもしれません。ですが純正のような仕上がりで、尚且つ元に戻すこともできるラッピングが、クロームデリートにはおすすめ。流行も時代時代によって変化しますので、やっぱりメッキに戻したい、そんな時も安心です」。

輸入車に多くみられるウインドウモールの雨ジミ。実は日本車と違い、メッキではなくアルミモールのため腐食しやすい。それを隠すためにラッピングするユーザーが多い。

「【クロームデリートのすすめ】メッキだけが高級じゃない! 脱メッキの見せ方は輸入車カスタムではすでに定番化!?」の1枚めの画像BMW THE X7 DARK SHADOW EDITION/日本国内でわずか7台しか販売されなかったBMW X7の特別仕様車。専用のダーク・エレメントで統一された姿は、渋く大人の雰囲気。

「【クロームデリートのすすめ】メッキだけが高級じゃない! 脱メッキの見せ方は輸入車カスタムではすでに定番化!?」の1枚めの画像マットブラックでも様々な素材感のフィルムがある。おすすめは独特の金属感を表現しているサテンブラック。半艶感がオシャレ。

■■取材協力 BABYEYE’S■■

国産車から輸入車、そしてスーパーカーまで、様々クルマのボディラッピングをしてきた中島さん。その高い技術力は折りがみつき。
ベイビィアイズ 中島さん

【SHOP INFORMATION】
住所:千葉県千葉市花見川区内山250-1
電話:043-301-5141
営業時間:11:00〜19:00
定休日:火曜日
http://www.babyeyes.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

情報提供元 : ドレナビ
記事名:「 【クロームデリートのすすめ】メッキだけが高級じゃない! 脱メッキの見せ方は輸入車カスタムではすでに定番化!?