スタイルを選ばないサスペンション

PENNY LANE
インプレッション:那須一博

スタイルは原点回帰。中身はハイブリッドな最新型

スクエアなシルエットになった新型ジムニーのテーマは原点回帰。

JB23時代はエクステリア関連にFRPを使用したパーツがかなり多かった。

JB64になってからも当初はその流れを継承し、FRP系のエクステリアパーツが多く出たが、今回ペニーレインのデモカーを見て、やはりスクエアなジムニーにはスチール製のバータイプバンパーがよく似合うと再認識した。

そんな、ペニーレインのサスペンションだが、リフト量は3インチ。

山中氏に話を聞くと、「エントリーユーザーの為に、初期の乗り心地をソフトに仕上げてあります。

クローリング的な走りと高荷重的な走りを融合させた、ハイブリッドサスペンションです」とのこと。

かなり興味津々でインプレを開始した。

高低差のあるクロカンステージで、まずはクローリング。

路面状況が分かりやすく、タイヤが土を蹴っている感覚がわかる。

初期の動きはしなやかだが、奥で踏ん張る感じが安心感につながっている。

ただ柔らかい足ではなく、受け止めてくれる感じが好印象だ。

さらにメリハリのある走りをしてみると車体姿勢がピタッと決まる。

強いトラクションで、飛ぶような走りも実現。とっつきやすいフィーリングにも関わらず、エクストリームな走りをも可能にする。

ある意味、二面性のあるジキルとハイド的なサスペンションが、ペニーレインのPLUS SPORTSといえる。


シンプルだが、このシルエットがもっともジムニーらしいと思える。
JA系を知るユーザーには涙ものだろう。

JA時代を彷彿させるバータイプのスチール製バンパー。
スクエアなデザインにはやはりこのシルエットが馴染む。

オリジナルデザインの牽引フック。
この形状であれば、アプローチ時に干渉しない。
ルックスと性能の両立なのだ。

フロントのバンパーとコーディネイトされたリアストレートバンパー。
純正テール使用でかなり上部に装着されている。

JB23で定評のあるカーボンブッシュを使用した強化アームを装着。
スタビリティを高めつつ、耐久性に優れた定番的な商品。

独自のラテラルロッド補正ユニットを装着。ダンパーとの干渉と、スカッフ変化の低減を同時に行う優れたアイテムだ。

初期の動きをソフトにするプロコンプのES9000。
延長ユニットを装着し、より捻りを作り出すセッティングとなっている。

ダブルチューブ形状でかなり強固な作りのリアムービングアーム。
ピボット部のプロテクション効果もあるのだ。

キャスター角補正ずみのフロントムービングアーム。
メインパイプがかなり太く、ハードな使用に耐えられる作り。

ペニーレイン代表 山中浩明さん

JB64W JIMNY

【外観】
PLUS SPORTS ストレートツインバンパーセット
(フォグ対応・スキットプレート付) 3万4000円
PLUS SPORTS リアストレートバンパー 2万円
PLUS SPORTS ナンバー移動キットタイプⅡ 1万2000円
PLUS SPORTS フロントフック
5800円(1コ)/1万円(左右セット)
【サスペンション】
PLUS SPORTS 3インチアップフルセット
(プロコンプ仕様) 23万8000円
3インチアップサス 4万8000円
ラテラルロッド 各2万5000円
ラテラル移動ブラケットセット 1万4000円
リアショック移動ブラケット 各3500円
ムービングアームセット 9万8000円
RSブレーキライン 2万8000円

問ペニーレイン 大阪府松原市三宅中6-13-31
072-335-7029 http://www.pennylane.co.jp

Vol.244 スズキ ・ ジムニー&ジムニーシエラ No.7(2020/6/30)より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「ソフトとハードの二面性。〈スズキ・ジムニー/シエラ JB64・74〉乗りこなせば強い武器|PENNY LANE|リフトアップ カスタム