1年間の国内バス・海外バス情報を総まとめ

2020年は世界中が新型コロナウイルスの影響を受け、日本のバスも大幅な輸送人員の減少に直面した。そうした中でも技術進歩は止まることなく、国産連節バスの運行開始、電気バスのニューフェイス登場など、話題は豊富にあった。

年鑑バスラマではそうした1年の動きを網羅するとともに、定例記事の「国内バスカタログ」「海外バスカタログ」を最新情報にアップデートして掲載。またデータには自動運転の実績一覧など新資料も加えている。

歴史編はバスラマ創刊30周年を記念し、編集部所蔵写真から1990~1993年撮影のバスを、未公開シーンを含めてカラーで振り返る。

バスラマ2020-2021.jpg


その他に、特別寄稿「地球環境保全に対して自動車ができること」や、最新バス機器・用品ガイドなども紹介する。


ぽると出版「年鑑バスラマ2020→2021」

【発行日】2021年2月2日(火)
【定価】2,000円(税込2,200円)
【サイズ】A4判 104ページ
【書籍コード】978-4-89980-521-2
【概要】
・特別寄稿 地球環境保全に対して自動車ができること
・2020年国内バスハイライト
・国内バスカタログ 《掲載 国産バス15シリーズ、輸入車12車型》
・海外情報
・最新バス機器・用品ガイド
・歴史編 1990-1993 バスラマが出会ったバス達
・資料編 国内バス1年間の動向

ぽると出版HP

(バスラマインターナショナル)

情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 【2/2発行 年鑑バスラマ 2020→2021】国内バスのハイライト・カタログ、海外情報や過去写真など掲載