急速に発達する低気圧と強い寒気の影響で、18日頃にかけて、暴風雪、暴風、高波、高潮に厳重な警戒が必要です。

●16日朝にかけて低気圧が急速に発達 強い寒気流入

16日朝にかけて、低気圧が急速に発達しながら、三陸沖を北へ進み、オホーツク海に達する見込みです。その後、冬型の気圧配置になり、日本列島に強い寒気が流れ込むでしょう。
16日朝にかけて、東北から北海道を中心に雨が降り、北海道では湿った雪になる所もあるでしょう。13日の地震で揺れが強かった地域では、土砂災害に注意してください。風も強まるでしょう。低気圧の通過後は、広く西よりの風が吹き、北海道から北陸を中心に、日本海から次々に雪雲が流れ込みます。特に北海道の日本海側は、数年に一度の猛ふぶきとなる恐れがあるため、気象庁は外出は控えるよう呼びかけています。雪雲は、北海道や東北の山沿いで発達しやすく、太平洋側にも流れ込むでしょう。16日夜になると、北陸では、平地にも発達した雪雲がかかる見込みです。
16日にかけて、予想される最大瞬間風速は、北海道地方45メートル、東北地方、関東甲信地方35メートル、北陸地方、東海地方、近畿地方35メートル、九州北部地方30メートルです。
発達する低気圧や大潮の影響で、東北や北海道を中心に、潮位が高くなる所があるでしょう。16日未明から16日朝にかけて、高潮や満潮と重なり合った波浪による浸水に厳重に警戒が必要です。

●17日さらに強い寒気 18日にかけて九州や四国の山沿いも積雪か

17日は、さらに強い寒気が流れ込み、寒気の影響は、18日頃にかけて続く見込みです。北海道から北陸だけでなく、山陰や九州にも、日本海から雪雲が流れ込むでしょう。北海道の日本海側から山陰では、平地にも発達した雪雲がかかる見込みです。北海道や東北、北陸から山陰を中心に大雪になり、九州や四国の山沿いでも、積雪の恐れがあります。
大雪による施設への被害、路面の凍結、屋根からの落雪、停電や倒木にご注意ください。山地では、なだれにも注意が必要です。