19日(木)から20日(金)にかけて、全国的に曇りや雨でしょう。南風が吹き、最高気温は平年より高く、9月並みの所もある見込みです。北海道では荒れた天気になる可能性があります。

●18日(水) 北海道は雨

18日(水)は、北海道付近に前線がのびるでしょう。日本のはるか東に中心を持つ高気圧は、更に東へと離れる見込みです。北海道は雲に覆われて雨が降る所が多いでしょう。標高の高い所では雪になることもありそうです。東北や北陸も次第に雲が広がり、雨が降る所があるでしょう。関東から九州は日中は晴れる所が多い見込みです。ただ、天気はゆっくり下り坂に向かいます。

●19日(木)~20日(金)広く曇りや雨 北海道は荒天か 最高気温9月並みも

19日(木)から20日(金)にかけて、北海道付近を低気圧が通過するでしょう。低気圧から延びる寒冷前線が、日本列島を通過する見込みです。北海道では、東風が吹き、オホーツク海から雪雲が流れ込みますが、次第に風は南よりに変わり、雨になるでしょう。荒れた天気になる可能性があります。東北から九州も雲が広がり、雨が降る所が多いでしょう。
寒冷前線が通過する前は、曇りや雨でも、南から暖かい空気が流れ込むため、全国的に気温は高めの予想です。関東から九州では、最低気温は15℃を下回らない所もあるでしょう。最高気温も平年より高いばかりか、関東から九州では25℃くらいまで上がり、9月中旬から下旬並みの所もある見込みです。11月半ばというのに、コートや厚手の上着は邪魔になりそうです。

●寒冷前線が通過したあと寒くなる?

寒冷前線の通過した後は、寒気が流れ込みますが、北海道が中心です。とはいうものの、北海道から関東では、最高気温は平年並みに戻る所があるでしょう。気温の変化で体調を崩さないようお気を付けください。