きょう14日は、秋雨前線は日本の南の海上に離れ、近畿地方は秋の比較的乾いた空気に包まれています。今夜からあす15日の朝にかけても、近畿地方は秋の乾いた空気に包まれる見込みで、京阪神などの都市部では、過ごしやすくなりそうです。

●今夜の京阪神は過ごしやすいが 寝冷えに注意!

これからあすにかけて近畿地方は、移動性高気圧に緩やかに覆われる見込みです。このため、今夜からあすの朝にかけての近畿地方は、太平洋側を中心に穏やかに晴れる所が多く、放射冷却現象が強まりやすくなるでしょう。京阪神の都市部では、あす朝の最低気温は19度から22度くらいで、ちょうど過ごしやすい気温となりそうですが、奈良盆地や近江盆地などの内陸部や山沿いの地域では、気温が15度を下回って、ヒンヤリする所もありそうです。油断して、寝冷えしないようにしてください。

●今週の天気は秋雨前線の位置次第 秋晴れのち秋雨の天気傾向

今週の近畿地方は、あす火曜日は秋雨前線が南の海上まで離れれるため、大体晴れるでしょう。ただ、秋雨前線が西日本付近に近づく水曜日は天気が下り坂で、秋雨前線が西日本付近に延びる木曜日から土曜日ごろにかけては雨が降ったりやんだりする見込みです。再び湿気も多くなり、ムシムシと感じられるでしょう。あすの晴れの天気を有効に活用して、洗濯や布団干しなどをするのが良さそうです。