日本列島は、北から南まで高温に注意や警戒が必要。外での運動やレジャーはできるだけ避けたい。全国的に不安定で雨や雷雨、激しい雨も。北海道や四国、九州北部は大雨に警戒。

●きょうの天気 晴れる所が多いが、全国の空は不安定

きょう(11日:火曜)は、本州付近を高気圧が覆いますが、台風から変わる低気圧が、北海道など北日本に近づくでしょう。高気圧からの熱風が、沖縄や九州から北海道にかけての広い範囲を覆う見込みで、全国的に大気の状態が不安定です。
沖縄から東北南部にかけては、晴れる所もありますが、局地的に雨雲やカミナリ雲が発生していて、道路が川のようになる激しい雨の降る所がある見込みです。
特に、九州北部や四国では、大雨になるおそれがあります。あすの朝6時までに予想される雨量は、いずれも多い所で、九州では長崎県や佐賀県で120ミリから150ミリ、四国では太平洋側で80ミリ、瀬戸内側で40ミリです。大雨が引き起こす土砂災害に警戒し、低い土地の浸水、河川の増水、落雷や突風に、ご注意下さい。
東北北部から北海道では、日中晴れる所も次第に曇って、雨や雷雨になるでしょう。
特に、台風から変わる低気圧が接近する北海道では、あすの朝6時までの雨量が、いずれも多い所で、宗谷北部で120ミリ、その他の地域でも60ミリになる予想です。こちらも、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に警戒し、強風にも十分な注意をなさってください。

●きょうの気温 全国的に高温 危険な暑さになる所も

前線が北海道北部付近に位置しているため、日本列島は南からの暖かい空気が吹き抜けます。このため、全国的に高温が続くと予想されます。
猛暑続出のきのう10日(月曜:山の日)に続き、きょうも、日本列島の北から南まで、ほとんどの所で30℃を超える暑さになり、35℃以上の猛暑日が続出するでしょう。きのう同様40℃に迫る所もある見込みです。
北海道から沖縄まで全国的に、高温注意情報や熱中症警戒アラートが発表されています。どなたも、暑さを避けることを生活や活動の第1にお考え下さい。
風通しの良い服装を心がける、激しい運動や作業を避ける、屋内のエアコンのもとで過ごす、こまめな水分補給を行う、他の方との間が2メートルを確保できるところではマスクを外す。
などなど、熱中症にかからないよう、ご自分に合った可能な対策をなさってください。