28日も九州から東北は激しい雨や雷雨となり、局地的には非常に激しく降るでしょう。北陸や東北では29日にかけて記録的な大雨となるおそれがあります。

●広く梅雨空続く 非常に激しい雨も

28日は、梅雨前線が日本海から東北付近に延びて、前線上の低気圧が東へ進みます。このため広い範囲で大気の非常に不安定な状態が続き、あちらこちらで雨雲や雷雲が発達するでしょう。
九州から関東甲信にかけては雨や雷雨で、道路が川のようになるほど激しく降る所があるでしょう。九州北部では昼前にかけて「非常に激しい雨」の降る所がありそうです。非常に激しい雨とは、あたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなるほどの降り方です。道路があっという間に冠水することも考えられ、車の運転は危険です。また、降り続く雨により、地盤はたっぷりと水を含み、川は水かさが増えています。急な斜面や増水した川にはむやみに近づかないようにしてください。

●北陸と東北 水曜にかけて大雨警戒

前線に近い北陸や東北では、発達した雨雲がかかりやすく、断続的に激しい雨が降るでしょう。前線は次第に南下するため、強い雨のエリアもだんだん南へ移動する見込みです。
28日は、新潟県で非常に激しい雨の降る所があり、同じ場所で非常に激しい雨が降り続いた場合には記録的な大雨となる恐れもあります。また、東北北部は28日未明から明け方に雨のピークとなり、秋田県では局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。一方、東北南部では28日日中と、夜から29日明け方にかけてもピークを迎えます。山形県では28日夜から非常に激しい雨の降る所があるでしょう。
わずか1日~2日程度で平年7月ひと月分の雨が一気に降ってしまうような、記録的な大雨となる恐れもあります。最新の気象情報を確認するとともに、自治体からの情報をこまめに入手してください。