東京六大学野球春季リーグ戦第6週第2日は15日、神宮球場で2回戦2試合が行われ、立大が早大を7―3で下して連勝し、勝ち点を3に伸ばした。明大は慶大に2―0で雪辱して1勝1敗とした。  立大は一回に山田(4年、大阪桐蔭)の適時打などで2点を先制して主導権を握り、4投手の継投で快勝した。明大は三回に宗山(2年、広陵)の適時打で先取点を奪い、五回に加点。先発の村田(3年、春日部共栄)が7回無失点で今季4勝目を挙げた。 (了)【時事通信社】

情報提供元 : 時事通信社
記事名:「 立大が勝ち点3=東京六大学野球